国際交流

本校の国際理解への取り組みは、昭和62年の北高祭から本格的に始まりました。文化祭の部の企画で市内の留学生、ALT、本校の生徒、職員が座談会、交歓会を開き交流を図りました。それ以降、本校は様々な国からの留学生を受け入れるとともに、本校生徒のニュージーランド派遣、アメリカのカトリン・ゲイブル校との姉妹校交流(平成28年度で終了)など、様々な形で国際理解教育に取り組んできました。昨年度からはオーストラリアのブリスベンにあるマンスフィールド高校との交流が始まり、3月には本校の生徒が訪豪しました。今年度10月にはマンスフィールド生が来校し、正式に姉妹校提携をします。

<今年度の活動について>

今年度は、平成30年9月29日(土)~10月6日(土)の期間に、マンスフィールド高校から26名の研修生を受け入れます。研修生とともに学校生活や家庭生活を送ることで、異文化への理解を深め、豊かな国際感覚を身につけ、よりよい国際人・社会人としての資質を養うことをめざします。今後は隔年で相互派遣交流を行います。次回は平成32年3月に本校より20名をオーストラリアに派遣する予定です。

<最近の取り組み>

本校の国際交流における最近の取り組みをご紹介します。

★H30 3月 第1回マンスフィールド高校訪問(北高生27名派遣)

  

(左)日本の文化の紹介をしました。(右)マンスフィールド高校の生徒たちはみな勉強熱心でした。

★H29 1月 第12回姉妹校カトリン・ゲイブル校訪問 (北高生30名派遣)

   

カトリンでは書道やあやとり、折り紙などの日本文化を紹介し、楽しんでもらえました。

★H27 1月 第11回姉妹校カトリン・ゲイブル校訪問 (北高生14名派遣)

   

カトリンの図書館にてオリエンテーションが行われました。右は遠足の時の写真です。