起業創造類型 イベント企画運営講座(課題研究)

11月9日(水)に、株式会社トイ・ファーム(可児市)の代表取締役・矢島幹也様にご来校いただき、12月4日(日)のリバーポートパーク美濃加茂で開催予定のイベント「あわてんぼうのサンタクロースがやってきた」の企画と運営にについて、ご教示いただきました。

このイベントは毎年、起業創造類型の生徒が企画・運営し、開催している親子で楽しく参加していただける催しです。

矢島様と起業創造類型の先輩方からのアドバイスを生かして、笑顔があふれるイベントになるよう精一杯取り組んでいきます。

ビジネス情報科 令和4年度「若年技術者人材育成支援等事業」

11月9日(水)、ビジネス情報科の1年生が、厚生労働省の「若年技術者人材育成支援等事業」のプログラミング講座を受講しました。

この事業は、岐阜県職業能力開発協会の「ものづくりマイスター派遣等」で、株式会社インフォファームの伊藤博章様を講師に、また、岐阜県職業能力開発協会の森井一也様をコーディネーターにお招きして、タブレット端末での実技指導をしていただきました。

今回はプログラミングの授業をベースに、「Excel VBAによるプログラミングの基礎」について指導いただきました。リモートを活用して2クラス同時展開の授業となりましたが、生徒たちは楽しみながら真剣にプログラミングを学んでいました。この事業を通し、地元で活躍するプログラマーの養成に繋がることを期待しています。(この事業は、11月に2回、12月に1回開催予定です。)

道の駅「可児ッテ」出店 起業創造類型

11月5日(土)・6日(日)に、道の駅「可児ッテ」において、起業創造類型の3年生が、「東実食欲の秋 なんちゃってSP販売会in可児ッテ」と銘打って、販売実習を行いました。今回は、株式会社鵜舞屋様と共同開発した商品や、加茂農林高校で製造加工された「加茂農林ジャム」など、豊富なラインナップを取り揃えました。特に「イチオシ商品」として、今年度、商品開発に取り組んだ、日本五大銘飯『サヨリ飯』の販売をしました。

両日とも天候に恵まれ、道の駅も多くの人で賑わっていました。お買い上げいただいたお客様の笑顔も見ることができ、とても充実した販売実習となりました。

クラウドファンディング 起業創造類型

今年度、起業創造類型(商品開発コース)3年生は株式会社鵜舞屋様と日本五大銘飯『サヨリ飯』を復活させるプロジェクトに取り組んでいます。
10月28日(金)8時よりクラウドファンディングがスタートします。

サイトを見ていただき少しでも興味を持っていただけた皆さま、また東実生の活動に賛同いただける皆さま!ぜひ!ご協力をお願いします!

サイトURL:https://www.oco-s.jp/project/sayorimeshi

クラウドファンディングQRコードサヨリ飯

笑顔の花びら集めたい

10月18日(火)本校卒業生の塚本明里さんが来校されました。ビジネス科起業創造類型では今年度「筋痛性脳脊髄炎」の啓発活動とともに、ヘルプマークの普及啓発活動に取り組んでいます。岐阜県ヘルプマーク普及啓発大使である塚本さんからアドバイスをいただき、ポスター作りを進めています。
「笑顔の花びら集めたい」HP詳しくはコチラ

MITAKEプログラミングスクール

10月1日(土)に御嵩町が主催する、「MITAKEプログラミングスクール」に参加しました。講師は、「タイムカプセル株式会社」のプログラマーの方が担当し、御嵩町の将来を担うIT人材を育成することを目的として開講されています。今回は本校の卒業生が講師として活躍しました。今年はゲームエンジンの「Unity」について学習をしています。本校からは、商業部(コンピュータ)の生徒を中心に20名が受講し、プログラミングやゲーム開発に興味を持ち楽しく受講しています。(9月から1月の間、全9回の講座を受講します。)

英語スピーチコンテスト全国大会出場

9月18日(日)に東京都の明治学院大学 白金キャンパスで開催された第39回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト全国大会が開催され、3年生の大澤 愛来(おおさわあいら)さんがレシテーション(英語暗唱)の部に出場しました。6月に岐阜県で行われた予選会を勝ち抜き、岐阜県代表としてスピーチコンテストの舞台で日頃の英語学習の実力を遺憾なく発揮しました。

Copyright © 岐阜県立東濃実業高等学校 All Rights Reserved.