iPadホルダーと衝立が寄贈されました!

6月6日(水)ひだまり集会の中で、贈呈式が行われました。神岡ライオンズクラブ古田会長様から鈴木校長にiPadホルダーと衝立5枚を寄贈する目録が贈呈されました。そして、神岡ライオンズクラブの地域活動や寄贈に至った経緯についての説明と児童生徒への激励の言葉をいただきました。次いで、校長と児童生徒会長からお礼の言葉が述べられ、作業学習で製作した一輪挿しと座布団を児童生徒会役員から萬社会福祉委員長様にプレゼントしました。その後、神岡ライオンズの方々と一緒に記念撮影をしました。

昨年度も神岡ライオンズ様からは、タイムレコーダーとタイムカードラック、タイムカードの一式を寄贈していただき、6月11日から始まる校内作業実習で使用します。今回寄贈された衝立は、教室をグループや個別に仕切り、集中して学習できる環境づくりに使用します。また、iPadホルダーは児童生徒がiPadを落としても大丈夫なため持ち歩いて使います。教育環境が整備され感謝申し上げます。

ホルンのコンサート 楽しかったよ!!

飛騨市文化交流センターのご厚意で、5月25日(金)の6時間目、ホルン奏者によるミニコンサートが行われました。翌日の飛騨市文化センターで行われるランチタイムコンサートのためにお越しの東京都交響楽団所属のホルン奏者の岸上譲さんとピアノ伴奏の羽賀美歩さんによる演奏会でした。

「となりのトトロ」、「ホルン協奏曲」、「夏の思い出」が演奏された後に、アンコール曲として星野源の「恋」が演奏され、最後に校歌をホルン演奏とピアノ伴奏によりみんなで歌いました。

子どもたちはホルンの演奏を食い入るように見つめたり、客席を回る演奏者に笑顔で応えたり、また、思わず踊りだす子もいて、とても楽しく素敵な時間を過ごすことができました。

平成30年度第1回のMSJ・MSリーダーズ活動を行いました。

認証式後に、週末に行われる運動会に向けて、お客様に気持ちよく来校していただけるよう清掃活動に取り組みました。

グラウンドで草取り・石拾いをし、学校周辺道路のゴミ拾いもしました。また、学校周辺の地域住民の方に運動会のチラシを配りました。配る時には運動会への参加のお願いと、当日にはご迷惑をおかけすることを伝えました。地域住民の方からは「毎年見に行っていますよ。」「今年も楽しみにしています。」という言葉を頂きました。

・土が硬くて草を取るのが大変だったけど頑張りました。

・みんなのために頑張れてよかったです。(大変だったけど)

・走るとき邪魔になる石をたくさん拾えたので楽しかったです。

・「土曜日楽しみにしとるよ。今年も見に行くでな。」と言ってもらえてうれしかったです。

 

高等部代表の野村さんの感想

外回りの仕事を終わってグラウンドに戻ったとき、みんなが黙々と作業をしていました。その姿を見たとき、みんなのやる気を感じてものすごくうれしく思いました。

 

平成30年度MSJ・MSリーダーズ認証式を行いました。

平成30年5月23日(水)に飛騨警察署長様、生活安全課長様、生活安全係長様をお招きし、MS・MSJリーダーズの認証式を行いました。校長先生、警察署長様、生活安全課長様の話を聞き、認証状を頂きました。

最後に生徒代表の野村さんが

先ほどMS・MSJリーダーズの認証状をいただきました。いただいた認証状にあるMSのM、マナーという言葉には、自分や仲間への思いやりという意味があるそうです。これから、毎日の生活の中で今までよりもっと思いやりの心を大切にしていきたいと思います。

と、決意の言葉を述べました。

警察署長様の話

飛騨警察署長様は、

飛騨市は犯罪が少ない街です。この平和な飛騨市は人々の優しい心が作り上げています。皆さんも優しい心を大切にして一緒に「安心して暮らせるまち」を作っていきましょう。

と話をされました。

MSJの認証状を中学部代表の勝田萌さんが受け取りました。

高等部生徒代表の野村龍樹さんがお礼と決意の言葉を述べました。