課題解決学習発表会

3年次生の課題解決学習の発表会を土岐市文化プラザにて実施しました。課題解決学習とは夢や目標に合わせて自分で定めたテーマに基づき、1年間かけて研究を行うものです。本年度は講座の代表者が、「社会人としてのスタートを切るために」「BGMが与えてくれる効果」「色が人の心理と行動にもたらす効果や影響」「ロボットの製作」「車いすバスケットボールについて」「表現について研究してみた」「子どもがもつ障がい」「健康な赤ちゃんが育つには」「様々な画材と色の性質」という9つのテーマで発表しました。本校の生徒とともに、保護者の方、企業の方、他の学校の先生、中学生及びその保護者の方にも見ていただきましたが、発表する生徒、聴く生徒にとってそれぞれ成長する機会となりました。

 

第2回活性化推進協議会

本年度第2回の活性化推進協議会が本校会議室で開催されました。本協議会は本年度で指定期間を終えるため、今回が最後の開催となりました。今回の会議では、地域連携による活力ある高校づくり推進事業についての位置づけの確認や、これからの地域と学校の連携・協働のあり方等について討議されました。議事要旨はこちらからご確認ください。

着こなし講座

就職・進学が近づき、社会人の着こなしを身に付けるため、本校3年次生を対象に外部より講師をお招きし、スーツの着こなし講座を実施しました。第1部ではスーツ着用におけるマナーや注意点、冠婚葬祭時の服装などについて学び、第2部では男子生徒と女子生徒で分かれ、それぞれネクタイの結び方や、メイクアップについて実践的に学習しました。

主権者教育

18歳選挙権の年齢に近づいた2・3年次生を対象に、土岐市選挙管理委員会等より講師をお招きし、各々12月13日(木)に2年次生、1月10日(木)に3年次生を対象にして主権者教育を実施しました。前半は講義、後半は模擬投票型の実践形式で行われ、生徒たちは真剣に授業に参加していました。

学校感染症(インフルエンザ等)の対応について

注目

今年もインフルエンザ等が流行する季節となりました。学校でも、感染症予防の体制を整え、生徒へ保健指導を行いますが、感染症の予防において最も大切なことは、一人ひとりの予防の意識と行動にあり、感染症対策の大きな成果に結びつくこととなります。

学校感染症にかかった場合は、本人の健康回復と他者への感染防止のために出席停止となりますので、医師の指示に従い休養してください。この期間については、通常の欠席からは除外されます。登校の際は、必要な書類を学級担任に提出してください。(こちらをクリックして、注意事項をご覧ください。)

オープンスクール

11月17日(土)、オープンスクールを開催し、中学生と、その保護者あわせて90名以上の方にご来校いただきました。当日は自由に校内を見学していただき、本校の特色ある科目や授業の雰囲気を体感していただきました。休憩所のランチルームでは、本校生徒の作品展示会を開催し、多くの方々に作品や学校紹介スライドを見ていただきました。相談会では、本校の在校生が、中学生の不安や疑問に答えていました。

午後からは部活動見学会が行われ、実際の活動の様子を見ていただきました。

芸術鑑賞会

バロー文化ホール(多治見市文化会館)にて、東濃フロンティア高等学校合同での芸術鑑賞会を開催しました。今年度は伝統芸能「狂言」と「落語」の2本立て講演で、狂言や落語の愉快なワークショップも合わせて行われました。古くから伝わる日本の「お笑い」を通し、伝統芸能への理解を深めるとともに、楽しく鑑賞しました。

職場研修

本校全職員による職場研修を、本校ゼミナール室にて実施しました。全体研修の後、働きやすい職場づくりのためには何が大切なのか」「働き方改革を進めるためにはどうしたら良いのか」などについて、全職員が討議し、その結果について交流をしました。

 

 

第2回学校運営協議会

本年度第2回の学校運営協議会が本校会議室で開催されました。今回の会議では、今後の活動を考えていくためにも、地域の皆さまなどを対象とした基調アンケートを実施することなどが決定されました。
(議事録はこちらからご確認ください。)

紅陵祭

2日間にわたって、文化祭「紅陵祭~平成最後の紅陵祭~」を開催しました。生徒会執行部を中心に、すべてのクラスが結束し、よりよい劇や展示を作り上げようと切磋琢磨する姿が見られました。委員会や授業、部活動の発表も見ごたえがあり、当日までの練習や準備の成果が発揮された2日間となりました。