学校長挨拶

HOME>学校長挨拶

学校長挨拶

令和3年度 学校長挨拶

校章

岐阜県立関高等学校  校長 林 雅浩   

岐阜県立関高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

昨年度校長として着任しました林と申します。30代の頃に本校職員としてお世話になって以来、20年ぶりに再びお世話になることとなりました。ご恩返しのつもりで励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本校は、大正10年に創立され、今年度100周年を迎え、10月には記念行事を予定しています。この間、2万6千余名の卒業生がこの学び舎を巣立ち、関市、国内のみならず、世界中の様々な分野で活躍をしておられます。これまで普通科進学校として、校訓『進取の気概、至誠の心、日々錬磨』のもと、「知・徳・体」の調和の取れた教育の実践を行ってまいりました。自主・自立の精神を現在に受け継ぎ、生徒たちは勉学、学校行事そして部活動等に充実した高校生活を送り、進学面はもとより、部活動や各種の大会等においても、その優れた資質・能力をそれぞれに発揮しています。

本校では第三次岐阜県教育ビジョンの基本理念のひとつである「人間ならではの感性や創造性を発揮しながら、夢や志をもって可能性に挑戦し続けるとともに、グローバルな視点から問題の核心を把握し、その解決を目指し地域や社会に貢献できる力」すなわち、自己実現力を指標として、生徒一人一人にコミュニケーション能力や課題解決等の国際的素養を身に付けさせ、多様な価値観を認めあえる人材の育成に務めているところです。

さて、本校は6年間にわたりスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け、前述の取り組みを進めてまいりましたが、昨年度より新たに地域共創フラッグシップハイスクール(FRH)の指定を岐阜県教育委員会より受け、探究活動を通して地域から世界を考えられる人材を育成しているところです。今年度は、文部科学省よりSGHネットワーク校の指定を受け、全国の先進校と連携する道も開かれました。今後も、これまでの成果と課題を検証しながら、教職員と生徒が一体となって本校教育の一層の充実を図ってまいります。

生徒保護者の皆さまにおかれましては、コロナ禍において、学校での活動がままならない状況が続き、ご心配をおかけしております。私どもは、関高生にこそ、これまでの課題探求と解決の取り組みを通して、困難に際して冷静に状況を理解し、自身の為すべき事のために行動できる力、不安を乗り越え他者と協働連携できる力を発揮して欲しいと願っています。職員ともども力を合わせて、この試練に立ち向かっていきましょう。

本校の教育に、関係の皆さまのご支援とご協力を賜れば幸いに存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

【令和3年度】