学校長挨拶

HOME>学校長挨拶

学校長挨拶

平成30年度 学校長挨拶

校章

岐阜県立関高等学校  校長 平井 学   

岐阜県立関高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。本校は、1921年(大正10年)3月22日に創立され今年98年目を迎えます。2021年3月には満100周年を迎え、その秋には100周年の記念行事を予定しています。この間、25,000名を超える卒業生がこの学び舎を巣立ち、関市、国内のみならず、世界中の様々な分野で活躍をしておられます。これまで、普通科進学校として、校訓『進取の気概、至誠の心、日々錬磨』のもと、「知・徳・体」の調和の取れた教育の実践を行ってまいりました。自主・自立の精神を現在に受け継ぎ、生徒たちは勉学、学校行事そして部活動等に充実した高校生活を送り、進学面はもとより、部活動や各種の大会等においても、その優れた資質・能力をそれぞれに発揮しています。

本校では第二次岐阜県教育ビジョンの基本理念のひとつである「高い志とグローバルな視野をもって自分の夢に挑戦し、地域の発展のために行動できる地域社会人の育成」を指標として、生徒一人一人にコミュニケーション能力や問題解決等の国際的素養を身に付けさせ、多様な価値観を認めあえる人材の育成に務めているところです。

さて、本校は岐阜県教育委員会よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け5年目を迎えました。「グローバル人材」の育成を本校が果たすべき新たな使命として捉えながら、それに加えて地域の中心校としての役割も考慮し、「グローカル人材」の育成を目指したいと考えています。さらにパワーアップして、今まで以上に様々な取組を行ってまいります。具体的な活動の様子等はホームページ上のSGHサイトで紹介をさせていただいていますので、ぜひご覧ください。

今年度も成果と課題を検証しながら、教職員と生徒が一体となって、本校教育の一層の充実を図ってまいりたいと考えています。関係の皆様のご支援とご協力を賜れば幸いです。関高校の今後に、ぜひ、期待をしてください。

【平成30年4月】