フレンドリースクールをオンラインで行いました!

6月25日(土)に、フレンドリースクールを開催しました。

今年度のフレンドリースクールは、オンラインで開催しました。

「BeeDanceStudio」の山下さんと「健康音楽の会」の大溝さんが

動画を提供してくださり、当日は30名の児童生徒の皆さんが参加

できました。

インターネットでつながって皆で一緒に動画を見ながら、身体を動

かしたり、一緒に大型絵本の読み聞かせをきいたりしました。最後

は感想を発表して、あっという間の時間でした。

な、な、なんと!!!!当校PTAのキャラクター〝ピンキー“も参加してくれました。来年もお楽しみに!

カテゴリー: 未分類 | フレンドリースクールをオンラインで行いました! はコメントを受け付けていません

高山市教育長室に絵を飾っていただきました

当校は、高山市(上宝町を除く)と白川村が校区になっています。この度、本校4年生の作品と高山日赤分校4年生の作品を高山市教育委員会の中にある教育長室に飾っていただくことになりました。本校4年生児童の作品は、大好きな「ハリネズミ」を描いたものです。トゲトゲの毛が丁寧に書いてあり、ハリネズミが好きな気持ちがにじみ出ている絵です。これから、教育長室を訪れるたくさんのお客様にご覧いただきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 高山市教育長室に絵を飾っていただきました はコメントを受け付けていません

高等部2年生 校外学習

7月8日(金)に高等部2年生で飛騨市古川町にあるnode、飛騨市図書館及び高山市国府町にある農園キッチンkirinに行ってきました。

nodeではあらかじめ授業で作ったデザイン画をもとに、Tシャツプリントに挑戦しました!スタッフさんの話をよく聞き、シルクスクリーンという技法を使って各々のデザインをプリントしました。デザインの外枠は全員が同じで、みんなのイニシャルが入っています。お気に入りの1枚が完成して大満足でした。

飛騨市図書館では、各々好きな本を手に取り、ゆったりとした時間を過ごしてきました。

 

昼食は、農園キッチンkirinでランチを食べました。本校卒業生も就職しているお店で、今年度は3年生の生徒が現場実習でお世話になっています。今回は飛騨牛ハンバーグセット・オムライスセット・カレーセットなどの中から、食べたいメニューを自分で選びました。どれもボリューム満点☆とっても美味しくて、「また食べに来たいなあ。」という声も聞こえてきました。

感染予防のため久々の校外学習となりましたが、仲間と一緒にマナーを守り、地域で経験を広げてくることができました。

~生徒たちの感想~

・校外学習に行くことができてとても嬉しかった。

・学年のみんなと一緒に行けて楽しかった。

・Tシャツが気に入っている。

・マナーを守って行くことができて良かった。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 高等部2年生 校外学習 はコメントを受け付けていません

第1回 幼児教室を開催しました。

7月16日(土)に、第1回 幼児教室を開催しました。

幼児教室は、本校への就学を検討している保護者の方及びお子様を対象に、遊びの場所を提供すると共に、本校の環境に慣れる機会を設ける為に開催しています。

また、子育てや就学などに関して、悩みや不安をもつ保護者の方への相談も行います。

第1回は、7人の年長のお友達が集まってくれました。朝早くでしたが、始まる前から「早く遊びたい!」という気持ちが伝わってくるほど、みんな元気いっぱい!

はじまりの会の時にはみんなで手遊びをし、自由遊びでは、エアートランポリン、バランスボール、おもちゃ、のりもの・・・等、様々な遊びの中から、自分の好きな遊びを見つけて目一杯楽しみました。

あっという間の時間でしたが、終盤にはみんなが充実した表情を見せてくれました。

第2回は、10月を予定しています。2回目は年中、年少のお子様が対象です。開催時期が近づきましたら、保育園、幼稚園等に申し込み用紙を配付致しますので、興味をもたれた保護者の方は、所属保育園、幼稚園からの申し込みをお願いします。

  

カテゴリー: 未分類 | 第1回 幼児教室を開催しました。 はコメントを受け付けていません

たかやま出前講座を利用した消費者教育を受講しました。

7月5日、高等部3年生が消費者教育の一環として高山市が主催するたかやま出前講座の「知って得する消費生活講座」を受講しました。

民法改正により令和4年4月から成年年齢が18歳に引き下げられたことにより、本校3年生にも成年年齢に達した生徒が在籍することになりました。成人したということは、クレジットカードや携帯電話等の契約が保護者の同意がなくとも結べる一方、未成年者の保護を理由とした契約の取り消しもできなくなります。

そこで高山市消費生活センター(高山市役所協働推進課内)の職員の方をお招きして実際に起こり得る契約トラブルの事例を紹介していただき、トラブルに合わないための注意点を指導していただきました。

生徒たちも「お金」という身近な題材であり、自分達の将来に密接にかかわってくることを理解し、真剣な姿勢で、授業に耳を傾けていました。

生徒たちの感想

  • よく考え、良く調べて行動したい。
  • 親や周りの人に相談してトラブルに巻き込まれないようにしたい。
  • いらない時はきっぱり断る。
  • 規約やルールをよく読んで確認したい。
  • 課金は限度を考える。
  • 1人で抱え込まず188(イヤヤ:消費者生活センター窓口番号)に相談できるようにしたい。

 

カテゴリー: 高等部 | コメントする