Q&A

Q 入学者の選抜方法について説明してください。
令和3年度は、第一次選抜と第二次選抜の2度にわたり実施しました。
いずれも、面接、小論文、学力検査の3つの検査を実施しました。
Q 入学定員は各部ごとに決めるのですか、学校全体で決めるのですか?
各部ごとに入学定員が決められています。令和3年度はⅠ部・Ⅱ部とも定員40名、Ⅲ部は20名でした。
Q 東濃地区以外の中学校からも入学できるのですか?
岐阜県内のどこに住んでいる人でも入学できます。
Q 一般の社会人も入学できるのですか?
高等学校を卒業していない人は入学できます。
Q このような学校は岐阜県下に何校目ありますか?
岐阜県の三部制・単位制高校は、華陽フロンティア高校と東濃フロンティア高校の2校です。
Q 学費(年額)などについて教えてください。
修学旅行や教材費等の条件で、年次により異なりますが、1年次の学校徴収金(学校諸費)は次のとおりです。
 Ⅰ・Ⅱ部  Ⅲ部
 入学金  育友会会計 学校徴収金 教科書等  合計 給食費 Ⅲ部合計
 育友会費  年次会費 修学旅行費  教科書等
 施設設備費  生徒会費  体育用具
2,100 20,000 30,200 47,500 99,800 58,820 158,230

その他の年次についてや、詳しくは学校諸費のページをご覧ください。

*26年4月以降入学の生徒は、世帯の所得に応じて「就学支援金」が支給されない場合があり、上記学校徴収金に加え、授業料(月2,700円、年間32,400円)が必要となります。

Q 制服について、どのようになっていますか。
制服があります。
「学びの場にふさわしい、節度ある服装と着こなしをする。」という方針です。
これが東濃フロンティア高校の制服です。
費用は 制服(冬)3~4万円(夏) 1.4万円~2万円
Q 学校の施設、設備は充実していますか?
食堂の他に、ガイダンス室、生徒ホール、ロッカー室、また、男女別の更衣室を設けるなど、三部制・単位制の運営に必要な施設、設備が整っています。

生徒ホール 生徒が学校生活に必要な様々な情報を得るためのゆったりした情報スペースです。
ガイダンス室 生徒が科目の選択方法などのガイダンスをきちんと受けるための最新の講義室です。
ロッカー室 生徒一人一人全員に与えられたロッカーの備わった、ゆとりのスペースです。
更衣室 文字通り、体育や学校行事などの際にいつでも着替えることのできる部屋です。

このほかに、夜間照明設備なども整っていて、明るい学校です。

Q 給食のシステムについて説明してください。
Ⅲ部の人は、夜間給食をとることができます。しかも、働きながら学ぶ人にはその補助金がでます。
校内に給食のための広くてゆとりのある立派な食堂があります。
Q 部活動はできますか?そして、どのようなものがあるのですか?
部活動は、生徒のそれぞれの空き時間をうまく使って活動します。
自分のやりたい部活動や同好会を自分たちで結成することもできます。
活動している部を以下に示します。
・陸上競技部 ・軟式野球部・サッカー部・剣道部・バスケットボール部
・卓球部・バドミントン部・ダンス部・ソフトテニス部・弓道部・軽音楽部
・茶道部・美術部・写真部・クラフト部・演劇部・バレー部
Q 部活動について、たとえば野球部Ⅰ部、Ⅱ部、Ⅲ部としてそれぞれ分かれて活動するのですか?
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ部すべてをあわせて一つの部活動として活動します。
Q 部活動について、どんな試合に出場しますか?
定通大会(定時制通信制高校の大会)での活動が原則です。全国大会に出場する部活動もあり、ソフトテニス、陸上、剣道がほぼ毎年出場しています。
Q Ⅰ部、Ⅱ部、Ⅲ部の授業時間に合わせたバスの運行はありますか?
各授業時間に合わせてバスが運行されています。
Q 通学バスの路線はどこまでですか?
JR土岐市駅から学校までです。
Q 車やバイクでの通学は可能ですか?
できません。「四ない運動(免許をとらない、車・バイクを買わない、車・バイクを運転しない、友達などの車・バイクに乗せてもらわない)」厳守です。入学前にすでに免許を取得している人も、公共交通機関等で通学しています。