• ホーム
  • 学校案内
  • 学校生活
  • 入学案内
  • お知らせ・配布文書
  • 学校評価

平成30年度 教育指導の重点

1.学校教育の重点

(1)教育目標

「至誠一貫」の校訓のもと、人間尊重の基盤に立ち、知・徳・体の調和のとれた人格形成をめざし、自他に対して至誠を貫き、自主・自律の精神と創造性に富む資質の啓発を期する。

(2)教育方針

  1. ア 心豊かな人間の育成を図り、豊かな情操と道徳的実践力を育む。
  2. イ 主体的に学び、主体的に考えるなどの「生きる力」を育成するとともに、基礎・基本の重視と生徒相互の  切磋琢磨による学力向上を図る。
  3. ウ 目的意識を明確にさせるとともに、生徒一人一人の個性の伸長を図る。
  4. エ 心身の健康と強靱な体力を養成する。

2.本年度の運営方針

  1. 何よりも「授業」を大切にし、生徒一人一人のキャリア発達を促し、主体的な進路選択による進路実現を支援する。
  2. 「授業」を大切にした上で、学習・部活動・生徒会活動等、何か一つは学校で打ち込めるものを持たせ、自分に自信の持てる生徒を育成する。
  3. 挨拶、清掃活動を大切にし、生徒に基本的な生活習慣・礼儀作法を身につけさせ、一人一人が社会の要請に応えられるように指導する。

3. 本年度の指導の重点 

(1)教科指導の重点

  1. ア 各時間の授業目標を明確化し分かりやすい授業を実践する。
  2. イ 何よりも授業を大切にし、基礎・基本事項を繰り返し指導して定着を図るとともにアクティブラーニング  を通して思考力を養う。。
  3. ウ 家庭学習習慣の定着を図る。
  4. エ 学習規律を確立し、主体的、意欲的に学ぶ姿勢を身に付けさせる。
  5. オ 生徒一人一人の能力を伸ばすため、補習授業、土曜講座を展開する。
  6. カ 朝読書を通じて言語力・思考力を養い、学力向上を図る。

(2)生徒指導の重点

  1. ア 全職員による共通理解に基づき、生徒一人一人の個性を大切にし、生徒自身に目的意識や自己達成感・充  実感を持たせる指導を通して、基本的生活習慣を確立する。
  2. イ 生命・人権を尊重し、社会の一員としての自覚を深めるとともに、自らの行動に責任を持ち、主体的に判  断し行動することができる自己指導能力を育成する。
  3. ウ 教育相談を推進し、自己実現が図れるよう、個々に応じた適切で具体的な支援を行う。また、職員相互の  連携を密にし、いじめや不登校の早期発見・早期対応に努める。

(3)進路指導の重点

  1. ア 三年間を見通したキャリア教育に努め、社会的・職業的自立に向けて必要な能力を育成する。
  2. イ 生徒一人一人が主体的な進路決定を行えるよう、自己理解の支援・進路情報の提供・進路支援に努める。

(4)特別活動の指導の重点

  1. ア 部活動を活発化させ、規律・友情・協力・礼儀・責任を重んじ、自発的・自主的に行動できる人間の育成  を図る。
  2. イ ホームルーム活動の活発化を図る。特にLHRの充実により、好ましいクラス集団を育成し、生徒相互の  良好な人間関係を育成する。
  3. ウ 生徒会活動の活発化を図るために支援し、課題解決に取り組む姿勢を育てる。
  4. エ 学校行事を生徒主体で行うよう支援し、学校生活を豊かで充実感あふれるものとする。

4. 学校スローガン

(1)学校スローガン

西高は進化する 新しい風は西から吹く

(2)平成30年度スローガン

羽ばたけ未来へ ~今できることを一つずつ~

Copyright(C) 2013 岐阜県立大垣西高等学校 All Rights Reserved. 掲載データ・写真の無断転用を禁止します。