トップページ > 教育方針・目標・指導の重点

教育方針

「快活」「友愛」「創造」を校訓とし、心身とに健やかで、より豊かな人間性と「生きる力」を備えた生徒の育成を目指す。

教育目標

社会への貢献や地域の発展に寄与できる人材育成を目指し、一般教養及び専門的知識や技術を身につけさせるとともに、創造性あふれ、明朗快活で心豊かな人間性を養う。

指導の重点

学校教育

(1)各課程、学科、教科を超えた連携を進め、特色ある教育を推進する。

(2)生徒との対話を深め、共感的理解にたち、一人ひとりを大切にした教育を推進する。

(3)主体的に学び、考え、行動する生徒の育成に努める。

(4)「文武不岐」の精神のもと、強い思いと高い志を持ち、未来を語れる生徒の育成に努める。

教科指導

(1)授業規律の確立を図り、望ましい学習態度の定着を図る。

(2)「主体的・対話的な学び」「深い学び」の視点に立った授業改善に努める。

(3)ユニバーサルデザインの授業を推進し、生徒が意欲的に取り組む姿勢を推進する。

生徒指導

(1)基本的生活習慣の確立を根幹に、集団の一員としての自覚をもたせ、社会性と責任感の育成に
   努める。

(2)ボランティア活動や地域社会活動等への積極的な参加を通して、社会の一員としての自覚を高
   めるとともに公共心を育てる。

(3)情報モラルの向上に努め、スマートフォンやパソコンの適正な利用を推進する。

進路指導

(1)自己の在り方・生き方を考え、自己実現の達成に向け主体的に努力する態度を育成する。

(2)国際化社会に対応した、広い視野と資質をもった人材育成に努める。

(3)地域社会と緊密に連携したキャリア教育を進め、生徒が活躍できる場をつくり、社会との関わ
   りの中で「生きがい」を見いだし、社会に積極的に貢献できる人材を育成する。

特別活動

(1)部活動等の特別活動を充実させ、豊かな人間性の育成や健康・体力の増進に努める。

(2)HR活動を通して、コミュニケーション能力や協調性、思いやりのある生徒を育成する。

(3)生徒会活動や学校行事等を通して、生徒の自主的な活動を支援する。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2010 飛騨高山高等学校  All Rights Reserved.