「岐阜県地域学校協働フォーラム」で事例発表をしてきました。

2月19日(火)

岐阜市のOKBふれあい会館において「岐阜県地域学校協働フォーラム」が開催され、今年度文部科学大臣表彰を受賞した県内4つの小中高校が県内教育関係者及び行政関係者を対象に先進事例として事例発表をしました。

吉城高校は鈴木泰輔キャリア推進部長、関口祐太キャリア教育コーディネーター、3年生でYCKリーダー活動や台湾研修に参加した山村一颯君がプレゼンターとしてYCKプロジェクトを紹介しました。

多くの参加者を前に、鈴木教諭からは覚悟とサポートの大切さ、何のためにやるのかを明確に、失敗の体験も共有し、生徒の成長を支え喜ぶ体制の重要さを、関口コーディネーターからは活動の詳細と共同体感覚を持つことが重要であること、山村君からは相手の思いを聞いて理解した上で行動することの大切さを伝えました。

YCKプロジェクトは多様な人々が共働することで生徒の成長と地域の活性化に貢献します。今後ともご理解とご支援をお願いいたします。

カテゴリー: YCKプロジェクト, 各種お知らせ, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です