吉城高校は「岐阜県ふるさと教育表彰」において「優秀賞」及び特別賞「郷土愛あふれる学校賞」を受賞しました。

1月30日(水)

岐阜県は、「ふるさと教育」を県の政策として進めており、本年度の「岐阜県ふるさと教育表彰」には、県内165校(公立小・中・義務教育学校154校、公立高等学校9校、特別支援学校2校)からの応募があり、優秀賞37校(うち4校は併せて「郷土愛あふれる学校賞」)、奨励賞47校の受賞となりました。

本校は「吉高地域キラメキ(YCK)プロジェクト」の取組で、5年連続の「優秀賞」を受賞しており、その栄誉を踏まえ、高校で1校の特別賞「郷土愛あふれる学校賞」を受賞しました。

安福教育長は挨拶で、「現在策定中の『第3次岐阜県教育ビジョン(県の教育振興計画(H31-34))』においても、今後の社会の変化等を見据え、『ふるさと教育の充実』は重点施策である。特に高校においては、地域課題解決型の学習が重要だと考えている。」と述べ、吉城高校の益々の活躍を祈念する旨の言葉をいただきました。

 

 

カテゴリー: YCKプロジェクト, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です