YCKリーダー活動『三寺ミッション』④

\改めて、何のためにやるのか?/
地域の方へのヒアリング調査を終え、様々な課題が発見できましたが、自分たちの力や時間などを考えると、たくさんの困難が出てきました。そこで、いったん初心にもどって、「何のための、誰のためのミッションなのか?」そして、「ミッションを終えた時に、誰がどんな気持ちになっているのが理想なのか?」、「自分はどうなっていたいのか?」について、各自の想いを自由に書き出しました。その結果、何をやらなければいけないかを考えて身動きがとれなくなっていたリーダーたちでしたが、「達成感・笑顔・YCKってすごい!」を自分たち共通の目標として掲げ、「地域の方たちの笑顔が見られることを想像して取り組もう!」と気持ちを新たにしました。自分たちのチャレンジしたい課題や方法が少しずつ明確になり、ミーティングの温度もどんどん上がり、良い表情が戻りました。

\決め方を決める/
ミッションに向けて、自分たちの目標や想いを新たにできましたが、肝心の企画内容がなかなか決まりません。最初はコーディネーターが少しリードして、
①選択肢を絞る。 ②自分の立場を明らかにする。 ③決めたことをしっかり進める。をルールに掲げ、書き出し→優先順位づけ→自分の意見発表→多数決できめるという一連の「決め方」を共有して、企画を決定しました。リーダー活動では、曖昧にせず自分たちで選ぶことを大切にしたいです。

カテゴリー: YCKプロジェクト, 各種お知らせ, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です