YCKリーダー活動『三寺ミッション』②

11月30日(金)

\地域への課題ヒアリング①/

三寺ミッションに向けて、今年度はヒアリング調査をリーダーたちが実施しました。(※昨年度は時間の関係で、資料やコーディネーターがヒアリングした内容を使いました。)

三寺まいりのイベントを担当している飛騨市役所観光課さんと、飛騨市観光協会の方へヒアリング調査するチームと、昔から親鸞聖人の命日の前夜にお勤めを行ってきたお寺の住職さんへヒアリング調査をするチームに分かれました。ヒアリングにあたっては、ただ聞きに行くだけではなく、①まず昨年度のヒアリングシートを見る。 ②昨年度のミッション内容と成果を検討する。 ③課題解決への仮説を立てる。 ④質問したいことを確認する。 ⑤ヒアリングのタイムスケジュールを立てる。をチームごとに行い、不十分なところはコーディネーターが指摘したり、自分たちのために先方から時間をいただくということを意識したりして準備しました。この日はまず、市役所で観光課さんと観光協会さんから、三寺まいりが今のように有名で人気のある観光行事になった流れや来場者の年齢層、苦労している点などを伺いました。冬の行事なので滞在時間が短くなってしまうことや、その年の雪の量や当日の天候によって大きく左右されることが多くあること、さらには、もっと若い方たちに参加してもらいたいということなど、たくさんのヒントを得ることができました。ヒアリング後のリーダーたちは緊張がとけ笑顔が見られましたが、「質問をもっともっと深掘りして聞けるようになりたい!」「自分たちの考えていたイメージと大きく違っている部分もあり、やりがいもあるけど改めてミッション実施の難しさを感じた。」などと振り返っていました。

カテゴリー: YCKプロジェクト, 各種お知らせ, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です