岐阜県警に新年度の採用が内定している3名の生徒に対し飛騨警察署長からアドバイスをいただきました

1月8日(火)

岐阜県警への来春の採用が内定している本校3名の生徒に対し、飛騨警察署長の岩井 靖 警視より、「岐阜県警察官を拝命するにあたって」というテーマで、ご指導をいただきました。講話の内容は、1警察の責務、2岐阜県警のしくみ、3警察の教育訓練体系、4階級社会と昇任試験制度と多岐にわたりました。

署長ご自身が今年度で定年退職されることもあり、是非、次の世代に伝えたいと企画していただきました。和やかな雰囲気の中、ご自身の経験談も含めて楽しく、分かりやすく教えていただきました。

警察官は、学歴や年齢に関係なく昇任試験で昇進すること、県警の中には吉城高校卒業生による「吉高会」もあり、同郷の人と結束して互いに励ましあって成長してほしいこと、警察学校で最初の10カ月を過ごす同期生は生涯の友となることなど、様々なことを教えていただきました。

生徒たちは署長からの直接の訓話で最初は緊張していましたが、いろいろな疑問にも答えていただき、一足早い研修により、警察官になるという自覚と心構えができたことと思います。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です