「いろんな大人と語ろう会」vol.1を開催しました!

12月5日

本校1年生の総合学習の授業で、飛騨地域の大人と生徒が語り合う会を初開催しました。

平日の日中にも関わらず、20名ほどの方にご来校いただき、3~4人ずつのグループに分かれて様々なテーマでグループトークをしました。総合学習の授業に、これほど多くの地域の方に参加していただいたのは初めてです。

「総合学習の時間の質をより高めるために、目標を明確にし内容を深めよう!」と、1年生の目標を、『地域の人や身近なことに多く触れることにより、自身の興味関心に気づく。また、主体的に地域と関わる姿勢を身に付ける』と設定し、まだまだ実社会との接点が少ない1年生に、地域の大人のリアルな声を聞くことで、様々なことを考え、行動していくためのアンテナを高めてもらうために、この授業を設計しました。

今回は、日ごろ吉城高校の課外活動などにご協力をいただいている方々に、それぞれの仕事についてや、これまでに影響を受けた出来事などを生徒にお話しいただきました。地域の方々がとても話やすい空気をつくってくださったので、最初は緊張していた生徒もすぐに笑顔いっぱいの表情になり、自分たちの体験や想いを話している姿が印象的でした!

生徒の振り返りシートには、「仕事について、もっとたくさんの視点から知りたい!」
「距離感を感じていたけれと、もっと地域の方たちと積極的にかかわっていきたい!」といった前向きの声が数多く見られました。

大人の方々からは、「高校生なりに強い意志をもっていることがわかりすごく頼もしく感じた。」「自分の子どもとももっとこういう話をしてみたい!」など、たいへん温かいコメントを寄せていただきました。

来週12日(水)には1年生4クラスの残り2クラスで実施します。どんな時間になるのかとても楽しみです。そして、昨日だけにとどまらず、このような出会いの機会を今後も継続して、今よりももっと「地域の方に支えられる学校」になっていくよう取り組んでいきたいと思います。

お忙しい中きていただいた皆様、本当にありがとうございました!!

 

カテゴリー: YCKプロジェクト, 各種お知らせ, 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です