岩崎育友会長・飛騨地区高P連指導者研修会で発表

9月27日、高山市の市民文化センターで飛騨地区高P連(育友会連合会)の指導者研修会がありました。この研修会は、飛騨地区の高校、特別支援学校の育友会連合会が、毎年開催している行事です。

特に本年度は、吉城高校育友会の岩崎道夫会長が、「吉城高校の育友会活動」というテーマで実践発表を行いました。内容は、①吉城高校の紹介(現状、創立70周年、単位制実施、YCK活動)と、②育友会活動(登校指導、面接指導、学校祭でのバザー、進路フォーラム)で、スライドを利用したわかりやすい発表でした。特にバザーの売り上げや品目、バザーの様子、苦労したことなど、ほかの学校のみなさんにも興味を持っていただけました。

また、臨床心理士の北村和代先生による「思春期に起こりやすい様々な心の問題について」というご講演があり、飛騨地区の育友会の方々や学校関係者など、約70名余りが参加して有意義な研修会になりました。

 

指導者研修会での発表の様子

 

 

 

カテゴリー: 吉高today, 吉高ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です