YCK課外活動プログラム⑨「台湾研修」 今年も収穫の多い研修が実施できました!

8月3日(金)~9日(木)

吉城高校と飛騨神岡高校が合同(吉高生4名と飛騨神岡高生5名、引率各校1名)で、古くから祭りや町づくりで飛騨市と交流のある台湾嘉義県の新港郷の家庭にホームステイし、様々な交流活動を体験し、全日程を終え全員無事帰国しました。

3日から7日までは新港文教基金会の支援によるホームスティと研修を行いました。媽祖奉天宮の参拝、自然農法の研修と体験、環境保護の実施方法の研修と体験、伝統工芸の体験、特産品の製造体験、お香の制作体験などです。ホームステイ中は、現地の大学生たちがボランティアとして、充実した研修になるように企画していただきました。我々も、日本の伝統文化を伝え、両国の交流に貢献することができました。7日は台北に移動して中正記念堂、故宮博物館、九份などを巡り、歴史と文化に触れました。この貴重な経験を、これからの生活に生かしてくれることを確信して研修を終えることができました。今回の台湾研修については、飛騨市と台湾新港郷との友好提携後の活動として位置づけてくださり、活動の支援として渡航費に対する補助をいただきました。この場をお借りしてあらためて感謝申し上げます。なお、フェイスブックの吉城高校サポーターには研修内容の詳細が記されています。どうぞそちらもご覧ください。

カテゴリー: 吉高today タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です