平成30年2月22日(木)発行 1年生 学年通信 2月号

向春の候 保護者の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は本校の教育にご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて、学校行事も残すところ卒業式と3学期期末考査となりました。最後までご協力よろしくお願いいたします。


◆1年を振り返る(生徒の作文)


1組 Yさん
 僕がこの1年間を振り返って気付いた事は「自分が馬鹿だ」という事です。僕は野球が嫌いです。なぜ嫌いかというと理由は二つあります。一つが坊主だからです。そして、二つ目の理由がカッコ悪いからです。ですが、僕は夏の大会を経て、野球を嫌いでは無くなりました。試合で良い結果を残せた訳でもない、むしろ15対0で大差のノーヒットノーランをされました。普通ならば、もう嫌だ、野球なんかやっても意味ないじゃん負けるんだから」となると思います。ですが、僕は馬鹿なので、先輩の泣いている姿を見て、もっと一生懸命に練習すれば僕もカッコよくやり切ったと思って泣けるかな」と思いました。僕は野球をカッコ良いと思っていたのです。それから僕ももっと野球を一生懸命にやって、試合に勝ってやり切ったと思えるようにしたいです。


2組 Nさん
 自分の決めた山県高校に入学して、入学したての時はすごい不安で毎日やっていけるのかと思っていたけど、1年2組の友達や先生方がとても良い人ばかりで毎日がとても楽しかったです。高校に入ってから一日一日がとても充実して毎日笑顔で過ごせたのが一番うれしいなと思いました。学習の事では、中学校では全然できてなかったことでも高校に入って復習していって理解できることも増えたし、成績も上がっていったのでこれからもがんばっていきたいです。私は、夏休みから補習授業を受けていて、テストなどのために勉強ができているので先生方にも感謝をしてこれからも補習授業を続けていきたいと思いました。委員会も図書の毎週の仕事をしっかりとやりとげることができたので良かったです。2年生になっても、友達を大切にして勉強も、もっと良くなるようにがんばって一日一日を大切にして楽しく生活できるようにしていきたいと思いました。


3組 Iさん
 4月山県高校に入学しました。とても緊張したと同時にとてもワクワクしました。夢に見た高校生活が本当に始まるんだって、ワクワクが止まりませんでした。でも最初は、知り合いもなくて話しかけることもできなくて「このまま一人だったらどうしよう」と思うこともありました。そこで、クラスの子が話かけてくれて、やっと高校生活が始まった気がしました。
入学して初めての大きなイベント、東山動植物園へ。シャバーニなどの色んな動物を見たり、遊園地へ行ってみたり、かき氷を食べたり色んなことをして充実した日を過ごせました。
初めての文化祭。クラスが紛糾したり嫌なこともありました。ですが、個々のクラスで試行錯誤して協力して作りあげたものはとても大切な思い出になりました。
この1年、本当に色んなことがありました。嫌なことや学校に行きたくない日もあったけどそれも含めてとても濃く充実した1年間でした。


4組 Oさん
 1年間を振り返ってクラスで良かった事は入学当初よりも協力できるようになった事です。文化祭の準備では、めんどくさいと言いながらもみんなグループ内で協力して色を塗っていました。作品ができ上った時は喜びあいました。みんなが想像していたのよりも、きれいな作品になっていたので興奮しました。一枚一枚みんなのが集まっての作品。みんながまとまったという感じがしました。球技大会では女子も男子も楽しくやっていました。勝ち負けも大事だけど一番大事なのはチームワークができたことです。キックベースもバレーボールも点を取った時はハイタッチをしたりしてチームで喜びました。声もかけあってできました。それらがあったのでキックベースでは3位、バレーボールでは優勝することができました。クラスが一つになったら1年4組は最強だと思いました。


他にも・・・

◆進路体験学習の様子
◆学年末考査について
◆今後の予定

などをお送りしております。ぜひご覧下さい。


1年生 学年通信 2月号