陶芸家加藤保幸さんを招いての家庭科の授業

1年生の家庭科の授業において、地元下石町在住の陶芸家加藤保幸さんをお招きして、「高齢者の生活と福祉」についての授業を実施しました。生徒たちが加藤さんに「生きがいとは」「人生で大切にしていること」「高校生に伝えたいこと」「健康のために心掛けていること」などを質問していく形で授業は進められ、高齢者の生活について理解するとともに、これからどう生きていくのかを考える貴重な時間となりました。