学校感染症(インフルエンザ等)の対応について

今年もインフルエンザ等が流行する季節となりました。学校でも、感染症予防の体制を整え、生徒へ保健指導を行いますが、感染症の予防において最も大切なことは、一人ひとりの予防の意識と行動にあり、感染症対策の大きな成果に結びつくこととなります。

学校感染症にかかった場合は、本人の健康回復と他者への感染防止のために出席停止となりますので、医師の指示に従い休養してください。この期間については、通常の欠席からは除外されます。登校の際は、必要な書類を学級担任に提出してください。(こちらをクリックして、注意事項をご覧ください。)