土岐市青少年の主張大会

6月17日(日)に土岐市青少年の主張大会が行われました。3年生の早川 萌花さんが「国を越えて通じ合うこと」という題目で発表し、優秀賞をいただきました。

妻木町青少年育成町民会議

6月9日(土)妻木町青少年育成町民会議において本校吹奏楽部がオープニングを飾り、西陵中学校とジョイントコンサートをしました。またこの会議のメインである青少年の主張大会に本校生徒2名が参加しました。

進路講演会・壮行会

株式会社グローバルキャリアから、的場亮様を講師にお迎えし、進路講演会をしていただきました。「困難とは“今”のあなたにとっては難しいだけ」という言葉に勇気づけられ、多くの生徒が感動した講演となりました。 講演会の後、東海大会に出場するウエイトリフティング部の壮行会を行いました。

球技大会

天気にも恵まれ、お互いに声をかけあいながら全力で戦いました!クラスの団結を一層高めることができました。

村田君(ウェイトリフティング部) インターハイ出場決定!

可児市ウェイトリフティング場で開催された岐阜県高校総合体育大会兼全国・東海高校総体岐阜県予選大会において、ウェイトリフティング部3年の村田君が、69kg級の部でトータル187kgの記録で、2位に入賞し、8月に三重県で行われるインターハイの出場を決めました。

第1回学校運営協議会

今年度、本県の県立高校として初めて設置された学校運営協議会の第1回の会議を開催しました。学校運営協議会は「コミュニティースクール」に設置されるもので、本県では、今年度、本校を含む10の県立高校と1つの県立特別支援学校に設置されました。
本校は、これまでも地域や家庭との連携を大切にしてまいりましたが、今後、学校運営協議会の協議をもとに、「コミュニティースクール」として一層の連携をはかっていきたいと考えています。議事要旨はこちらからご確認下さい。

市民開放講座 開講式

市民開放講座「ハングル」と「やさしいエクセル・ワード」の開講式が行われました。高校生と市民の方の世代を越えた学びが始まりました。本校では平成14年度から市民開放講座を開講し、地域の方と高校生が世代を越えて共に学ぶという機会を設けています。今年度は従来からの「ハングル」「手話」に加え、「やさしいエクセル・ワード」と「デッサン」を開講しましたが、まず「ハングル」と「やさしいエクセル・ワード」の講座がスタートしました。(手話は今年度は希望がありませんでした)

遠足

1年生と2年生が遠足を実施しました。絶好の遠足日和で、それぞれの活動の中でクラスの絆がさらに深まりました。

PTA総会・講演会

三洋電子(株)会長の青木姫路子先生を講師に「就職講演 ~自分らしく働く~」というテーマで講演会をしていただきました。保護者同士、ペアワークなどと通してどう子供の進路相談に対応したらよいかなどアドバイスをききました。

いじめ対応についての研修会

東濃教育事務所の丹羽建一先生を講師にいじめ対応についての研修会を行いました。いじめ対応については教員間で情報をすみやかに共有すること、より慎重で丁寧な対応が必要であることなどを学びました。