1年生職業体験学習報告

1年次生が10月10日~12日の3日間、職業体験学習に取り組みました。土岐、多治見、瑞浪、恵那の4市にまたがり、企業、施設等合計55社に受入れていただき、貴重な体験をさせていただきました。

<生徒の感想より>

・工場で働く方々を見ていて、コミュニケーションの大切さを実感した。挨拶や言葉遣いを心掛け、よい雰囲気づくりに取り組んでいらっしゃることがわかった。上下関係があっても、お客様のために失敗のないように、良くないと思うことは指摘をされており、大事なことだと思った。

・今の自分でも社会に通用すると軽く考えていたが、実際は挨拶の声が小さかったり、人と話す時の声が小さかったりすることに気づいた。今後の学校生活で、声の大きさ、目上の人に対する態度などを見つめなおしていきたいと思った。

・美容院で体験学習し、今まで自分が見ていた表の部分はかっこいいと思ってあこがれていたけど、裏では次にくるお客様のことを考え、次にどのスタッフに何をしてもらうかを考えるスタッフ、アシスタントの存在があることに驚いた。

・運送会社で、実際に配達のトラックに添乗してお客様の元に荷物を届けた。商品の箱詰めをするときは、「お客様の見えていないところだからこそ、注意を払う」を念頭に置き、全員で100箱ぐらい仕上げることができた。