高校生税の作文コンクール「大垣税務署長賞」を受賞しました

毎年夏休み課題の中で、税金について考えることを目的に「高校生税の作文コンクール」に応募しています。同作文コンクールに応募した会計科ファイナンス類型2年生、中嶋美咲さん、中島由衣さんの応募した作文が「大垣税務署長賞」として選ばれ、本校にて大垣税務署辰田綱彦署長から賞の授与をしていただきました。

授与後の懇談で、辰田署長より二人に「高校で税金について学んだことを活かし、今後将来の職業を考える時に税に関わる仕事も選択肢に入れてみてはどうでしょうか」と期待を込めた励ましのお言葉をいただきました。

【表彰の様子】

《受賞者のコメント》

中嶋美咲さん
「税の作文を通して、消費税以外の様々な税金の遣い道について考えることができとても良い機会となりました。」

中島由衣さん
「私は、これまで税金について深く知ることがありませんでしたが、母の体調不良で救急車を呼んだ際、税金のありがたみを知りました。納税された税金を利用して命が救われていることを感じ、将来誇りを持って納税していきたいと思いました。」

【懇談の様子】