進路相談会を実施しました

 12月22日(火)~24日(木)の3日間に渡って、2年生を対象に進路相談会を実施しました。(※但し、1年生にも任意の参加を認めました。)
 夏の進路相談会はオンラインで行いましたが、今回はコロナ対策を十分取った上で、対面形式で実施しました。34の大学・短大・専門学校から講師をお招きし、また就職相談も3つ(事務系・製造系・販売系)のコーナーを設け、それぞれ詳しく丁寧に説明していただきました。資料も豊富で、参加した生徒は充実感を覚えていたようでした。
 生徒の皆さんには、今後の進路選択に大いに役立ててほしいと願っています。

岩野田保育所とのあったかい交流活動【家庭クラブ】

 家庭クラブは例年12月のクリスマスの時期に、岐阜市立岩野田保育所の訪問を行い、園児と楽しい交流を行っています。今年度は残念ながら、コロナの影響で中止となりました。
そのかわり、手作りのクリスマスカードをプレゼントしようと企画し、約80人の園児の皆さんに送りました。お礼に園児の皆さんからは、どんぐりや松ぼっくりなどで飾られた可愛らしいクリスマスリースをプレゼントしていただけました。木の枝で作ったリースには、折り紙のサンタクロースやトナカイが飾られており、紙のツリーには「ありがとう」の文字が書かれてあります。素敵なプレゼントは職員室前の壁に飾ってあります!

 岩野田保育所の皆さんありがとう! 来年は楽しい交流会ができるといいですね!

家庭クラブが作成した「クリスマスカード」
岩野田保育所の園児の皆さんからのプレゼント

 

職員の取り組み「できることはありますか?」

 11月中旬に、本校職員で人権を意識した職員研修を行いました。「働きやすい職場環境について」をテーマにし、グループに分かれて話し合いをしました。その中で、特に多かった意見として、「忙しくてもお互いのコミュニケーションが大事」、「仕事の負担が偏らないよう声を掛け合う」、「コロナ禍だからこそ心を密に!」など、同じ職場で働く仲間として、「相手を気遣う言葉の大切さ」が挙げられました。
 この研修を受け、お互いが声をかけ合いやすいよう、「できることはありますか?」の言葉をポスターにして、校内の各場所に掲示しました。職員が働きやすい職場は生徒の皆さんにとっても、「居心地の良い学校」に繋がると信じて取り組みます。