管理者 について

教務部

第5回MSJ・MSリーダーズ活動~11月22日(金)~ 学校敷地内・周辺の歩道等の清掃

11月30日に当校の学校祭「第7回ひだまり祭」を開催します。ひだまり祭を1週間後に控え、当校の敷地内外の清掃活動を行いました。

生徒はグループに分かれて当校駐車場や玄関、周辺の歩道の清掃を行いました。普段はなかなか目の届かない場所まで、よく観察しながら活動を行いました。駐車場の隅に落ち葉が溜まっていたり、枯草が伸びていたりしているのを生徒が見つけ、中腰になって隅々まできれいにすることができました。

玄関の清掃では、来賓用の下駄箱の中のスリッパを全て取り出し、丁寧に埃や小さな砂などを掻き出しました。また、傘立てや掃除道具入れなど、普段の清掃ではなかなか手が回らない場所の拭き掃除も行いました。

生徒は、ひだまり祭に来て下さる方々に気持ちよく当校を利用してもらいたいという思いをもって活動してくれました。秋の終わりの冷たい風が吹く中での活動となりましたが、寒さを口に出すこともなく、活動時間を過ぎても一生懸命に清掃活動をする姿が見られました。

「ひだまり祭」当日は、当校を訪れた方々に児童生徒が作り上げたステージ発表を見ていただきたいのはもちろんですが、日頃からの児童生徒の活動によって保てている「きれいな飛驒吉城特支」にも注目してほしいと思います。

【MSJ・MS活動の様子】

拾った落ち葉が風で吹いていかないようにするために、ゴミ袋の奥に手を入れるように工夫しました。

軍手に落ち葉がくっついてしまうこともありましたが、たくさんの落ち葉を拾いました。

スロープの中には、ビニールテープの切れ端や、小さな紙が落ちていました。車椅子が通りやすいように、小さなゴミまで見落とさないように清掃しました。

歩道は、前回の活動時よりもゴミが少なく枯草を中心に集めました。

MSリーダーズ活動が地域の方々に浸透し、ゴミが少なくなっているのであれば、とても嬉しいです。

「どんなに小さなゴミでも全部見つける」という思いで、小さく屈みながら活動しました。膝は少し痛そうでしたが、その分きれいにすることができ、痛さは気にならなかったと教えてくれました。

玄関清掃では、150以上ある下駄箱の1つ1つを丁寧にホウキで掃きました。

手際よく掃除できたため、時間内に全ての下駄箱をきれいにすることができました。

第4回MSJ・MSリーダーズ活動 ~ 10月4日(金)~

JR飛驒古川駅跨線橋・古川総合会館・ハートピア古川

今回のMSJ・MSリーダーズ活動は、古川地域の公共施設の清掃と、公共マナーについての啓発ポスターを掲示しました。JR飛驒古川駅の跨線橋では、通路に溜まった砂や埃をホウキで掃除しました。階段の段数が多く大変でしたが、時間いっぱい活動をすることができました。

古川総合会館とハートピア古川周辺では、落ち葉拾いとゴミ拾いを行いました。側溝や道路の端、池の中など様々な場所に落ち葉がありました。風が吹くと落ち葉が吹き飛んでしまい集めるのに苦労しましたが、火ばさみやホウキを使ってキレイにすることができました。又、跨線橋や古川総合会館内に啓発ポスターを貼り付けさせていただきました。きれいな飛驒市を保ち続けてほしいとの思いを込めて、高等部の生徒が制作しました。市民や観光客の方々に見ていただくことで啓発効果を期待するとともに、当校のことを少しでも知ってもらえればと思います。

 

【MSJ・MS活動の様子】

濡れている落ち葉は、うまく集められず苦労しましたが、器用にホウキを使ってキレイにしました。

風が強かったので、集めた落ち葉がバラバラになってしまいました。もう一度集めて、ちり取りに入れました。

落ち葉を1カ所に集める仲間や、それを運ぶ仲間などと手分けすることで、全員が活躍することができました。

「きれいな飛驒市が好き!」という思いを込めて制作したポスターを、清掃場所に掲示しました。多くの方々に見ていただきたいです。

階段はとても長く、幅も広くて大変でしたが、仲間と清掃場所を分担することで、一人一人が担当場所に責任をもつことができました。

MSJ・MSリーダーズ活動「秋の交通安全運動」~ 9月25日(水) ~

JR高山線飛驒古川駅前の歩道付近で、歩行者や行き交う自動車のドライバーに向けて交通安全の呼びかけ活動を行いました。

約20分間の活動時間の中で、生徒たちは「運転中の携帯電話禁止」「安全運転」などの標語を手に持ち、「おはようございます」「気をつけましょう」などと呼びかけをしました。

当日は飛驒警察署の交通課の警察官に協力していただき活動を行いました。飛驒警察署のマスコットキャラクターである「ひだきち」も生徒たちと一緒に呼びかけ活動に参加してくれたことで、生徒たちはより一層張り切って声を出すことができたと思います。

最後に警察官から、「みんなが呼びかけ活動をすることで、歩行者やドライバーの方は、一日を気持ちよく過ごすことができる」という言葉をいただき、生徒たちはこの活動に対して自信が持てた様子でした。

【MSJ・MS活動の様子】

当日は朝から秋晴れの中での活動でした。

澄んだ空気の中、飛驒古川駅前には生徒の声がよく響いていました。

飛驒警察署のマスコットキャラクターである「ひだきち」と一緒に大きな声で「おはようございます!」と言うことができました。

 

第3回MSJ・MSリーダーズ活動~ 9月11日(水)グラウンド・校舎内廊下 ~

当校は隣接する古川小学校のグラウンドを日常的にお借りして体育等の教育活動を行っています。その古川小学校では、9月21日にグラウンドを使用して運動会が開催されます。

今回のMSJ・MSリーダーズ活動では、日頃から使用させてもらっているグラウンドの草取りや、小石拾いの作業を行いました。運動会当日には小学校の児童はもちろんのこと、保護者の方や来賓の方など、非常に多くの方が来校されます。グラウンドを使用する大勢の方々が気持ちよく過ごせるようにという気持ちを込めて作業を行いました。

当日は、時折雨が降る中での作業となりましたが、生徒たちは雨を気にすることなく、黙々と草取りや小石拾いに取り組んでいました。

【MSJ・MS活動の様子】

雨でグラウンドが緩んでいたため、手が汚れてしまいましたが、決められた時間いっぱい作業をすることができました。

「小学生が運動会を頑張れるようにキレイにしました。」「いつも使っているグラウンドなので、これからもキレイに使いたいです。」など、一人一人が様々な思いをもって作業をしました。

活動に参加した全員が時間いっぱい作業を続けることができました。

R元年 不審者対応訓練(8月21日)

今年度も飛騨警察署生活安全課の警察官に来ていただき、各地で様々な事件が起きている昨今、他人事ではなく、いつ何が起きても冷静に対応できるよう不審者対応訓練をしました。

 前半は、実際にさすまたを使いながら、有効な使い方や注意点を教えていただきながら講習会を行いました。これまでも訓練を行ってきましたが、実際にさすまたを使ったことのある先生方は少なかったので、扱うことができたり、様々な場面での対処法も教えていただき、とても有意義な講習会になりました。

 後半は講習会で教えていただいたことを意識して、不審者が校内に入ってきたという想定で訓練を行いました。警察が来て取り押さえるまでの時間を引き延ばすことや複数で対応することを考えながら、職員それぞれが不審者へ慎重かつ機敏な対応をしており、とても緊迫した雰囲気の中での訓練となりました。

 実際にこのようなことが起きた場合、いかに冷静に慎重に対応できるかが大切になり、何より児童生徒と自分の命を優先にした行動がとれるよう日々意識しながら、安全安心な学校となるよう努めたいと思います。

一人での対応では取り押さえられない。

さすまたは3人が三方向から使うと効果的。

話しかけ警察が到着するまでの時間を延ばす。

各教室は施錠して入られないようにして、複数で不審者に対応。