職場見学に行きました!(高等部)

高等部全員で、6月6日に「特別養護老人ホーム たんぽぽ苑」、「飛騨市障がい者就労支援事業所 すまいる」へ職場見学に行ってきました。

たんぽぽ苑では、コミュニケーションの大切さを教えていただきましたが、見学の途中、職員の方が利用者様と会話をするときに、腰を据え目線を合わせて話をしていることに気づきメモを取る姿が見られました。また、卒業生から直接話を聞くこともでき、働くうえで大切にしていることは“集中力”と教えてもらいました。

すまいるでは、1日の流れや仕事内容等を教えていただき、えごまの仕分け作業、ペットボトルのふたの汚れたものの仕分け作業などを見学しました。えごまの仕分け作業は、小さなえごまを一つひとつ見ながらごみを除く作業でしたが、集中力を切らすことなく作業に取り組んでおられる姿がとても印象的でした。生徒たちは、職員の方に質問をしたり、作業する姿を近くで見たりすることで、気づいたことや感じた事などを真剣にメモをとっていました。

“働く”ということを意識して学ぶ姿がたくさん見られた職場見学でした。学んだことを校内作業実習、現場実習にいかしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です