高等部1年生 お金の役割、管理の仕方について学びました

9月9日(金)に、金融庁東海財務局岐阜財務事務所の方に来ていただき、高等部1年生がお金の役割、お金の貯め方、お金の管理について学びました。生活に必要な物を得るにはお金が必要であること、働いてお給料をもらったら使う分と貯金する分の配分、貯金は先にするのか余った分でするのかなど、クイズに答えながら楽しく学ぶことができました。仲間とクイズの相談をすることで自分の考えと違う意見も聞くことができ、学びを深める姿がありました。また、通帳の見方を聞いたり、キャッシュレス決済の体験したり、真剣な表情で活動に取り組んでいました。

生徒からは、「今まではお小遣いをもらったら、すぐにもらった分を使ってしまっていたので、お金を貯めて計画的に使いたい。」や、「今までは余ったお金を貯金していたが、これからは貯金をする値段を決めてから先に貯金をしたい。」といった感想があり、今後の生活に活かしていける学びを得ることができました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク