★きらり★栄養教諭から学ぶ:朝ごはんを食べてスイッチオン!

食に関する教育の推進が求められるようになり、当校でも今年度から栄養教諭が配置されました。子どもたちが健康に生活していけるよう、栄養や食事の大切さやその摂り方等について専門的な知識に基づき、「食の自己管理能力」や「望ましい食習慣」等を身に付けられるよう指導・支援をしています。

 先日中学部の「食べ物の働きを知り、食生活に生かそう」の単元では、栄養教諭からバンスの良い食事等について学びました。3つの食品群を知るだけではなく、朝ごはんがなぜ大切なのか、その秘密についてもクイズ形式で学習をしました。バランスのよい朝ご飯を食べると「頭のスイッチ・体のスイッチ・おなかのスイッチ」が入り、活動的な学校生活が送れることを知り、自分たちの朝食についても振り返ることができました。

食育教育を通して、好き嫌いや食生活の改善につながるよう指導・支援しています。

 

カテゴリー: 高等部 パーマリンク