冬の交通安全運動

12月11日(月)に冬の交通安全運動を行いました。MSリーダーズが中心となり、交通マナーの向上を目指しました。本校職員も参加し、活気のある活動となりました。ご協力いただきました方々、ありがとうございました。

第3回学習サポートを実施しました

11月29日(水)に第3回学習サポートを日枝中学校と国府中学校で実施しました。高校生サポーターも3回目ということもあり、中学生との交流も深めることができました。今年度はこれで終了となりますが、来年度以降も今年度の反省を踏まえ継続していきます。
○参加中学生の感想
・高校生が「わかる?」と優しく話しかけ、丁寧に教えて下さったので嬉しかった。
・ゆっくりわかりやすく、1問1問丁寧に教えて下さったので、とても分かりやすかった。
・また機会があれば、高校生の方にたくさん質問したい。1日の勉強時間も私より多かったので、これから高校入試に向けて少しずつ増やしていきたい。
・最後に質問の時間があることで、不安だったことなどを聞くことができて良かった。受験勉強にとても役立つことばかりで嬉しかった。
○高校生サポーターの感想
・斐太高校に行きたいと言ってくれる子もいてとてもうれしかった。少しでもその子たちのために何かできればいいと思う。
・自分の説明は足りない部分もあったと思うけれど、「わかった」と言ってもらったのが嬉しかった。
・教えられる立場から一転して教える立場になるのも楽しかったし、中学生の反応や態度が良く楽しかった。
参加いただいた中学生のみなさんありがとうございました。

日枝中学校との練習試合

平成29年12月9日(土)、日枝中学校女子バレーボール部が本校に来て練習試合を行いました。
5セット行い、中学生に鋭いスパイクを決められる場面もありました。
以前、東山中学とも練習試合をしたこともあります。気軽に連絡していただければ相手をできると思います。

エコノミクス甲子園、岐阜大会に出場してきました!

12月9日(土)に岐阜市じゅうろくプラザで「第12回全国高校生金融経済クイズ選手権(エコノミクス甲子園)」岐阜大会が行われ、本校から飛騨地区予選を突破した2チーム(1年生4名)が参加しました。(写真左より、的場柚季、田本嘉健、松田航征、都竹萌花)
的場・田本ペアは全国大会出場をかけた最終戦まで、飛騨地区勢で唯一勝ち残りました。松田・都竹ペアは惜しくも最終戦は逃しましたが、チームワークを発揮し、善戦しました。
大会の後、4名は「ぜひ来年も頑張りたい」と意気込みを述べました。
今後、さまざまな場面での活躍が期待できそうです。

人権LHR

12月4日~10日の人権週間に合わせ、11月30日(木)の7限目に全学年で人権LHRが行われました。LHR委員を中心にクラスごとにテーマを決め、その中には「マスメディアによる人権侵害」「死刑制度の是非」「ホームレスに対する人権」などがありました。形式もフリートーキング、ポスターセッション、ディベートなど様々な方法で話し合いをしていました。このLHRを通して生徒一人一人が人権問題を考え、理解を深めることができました。

科学部、岐阜県科学作品展最優秀賞受賞

本校科学部が、第61回岐阜県児童生徒科学作品展において最優秀賞を受賞しました。高山陣屋に残る『飛騨呈書』と『飛騨在勤中日記』をもとに、江戸時代の気温データの考察を行いました。当時の寒暖計の気温を「硯の水が凍っていた」、「土瓶に湯を入れて、茶を焙じているうちに蓋が凍りついた」といった当時の気候に関する記述をもとに詳細に検証、補正しながら、江戸時代と現代の一年の気温の年変化を示しました。科学部員10名の地道な研究の成果が評価され、部員一同喜びを分かち合いました。

「金融経済クイズ選手権(エコノミクス甲子園)」岐阜本選出場へ!

11月12日(日)に十六銀行高山支店で「金融経済クイズ選手権(エコノミクス甲子園)」の飛騨地区予選が行われ、本校から出場した2チーム(1年生4名)が12月9日(土)に開催される岐阜本選大会に出場することが決定しました。今年で12回目を迎えるこの大会に、今年度は本校の有志がチームを作り、初めて参加しました。この大会は、生活していく上で自分の目標を達成するために、お金や金融、経済のことをよりよく知って、人生を豊かにしてくために身につけるべき知識「金融知力」をクイズ形式で競う大会です。12月の本選での活躍に期待します。

第3回命を守る訓練

11月16日(木)に「第3回命を守る訓練」を行いました。今回は、白山の噴火警報に伴う避難準備を想定した訓練でした。外気を吸わないように、マスクやハンカチで口を守りながら体育館へ避難し、集団下校班毎に集合、点呼を行いました。その後集団下校班で連絡網を作成しました。噴火警戒レベルがこの地域では白山と御嶽と焼岳に設定されており、特別警報が発令されたら、まず身を守ることが大切であることを学びました。

街頭啓発活動

11月10日(金)の放課後に、本校の家庭クラブ委員7名とMSリーダーズ7名の計14名と東山中学校のMSJの8名が連携して、交通安全と青少年健全育成についての街頭啓発活動を行いました。家庭クラブ委員が作ったオリジナルのストラップと、高山市役所が作成したチラシを配りました。さとう三福寺店に訪れた多くの方々に応援していただきました。

マラソン大会 2017

11月7日(火)、北アルプスが綺麗に見える、好天のもとマラソン大会が行われました。個人の部上位20位入賞、総合優勝、完走など一人ひとりが目標を抱えながら男子は10.8km、女子は8.6km先のゴールを目指しスタートしました。

【成績】

男子個人 1位 2G 横山昇太郎君 38分16秒
2位 2G 田川元貴君    3位 1B 山下唯心君
4位 1C 清水宝君     5位 2D 川原生寛君

女子個人 1位 1E 清水ひよりさん 41分20秒
2位 1A 滑谷さくらさん  3位 1B 多田怜花さん
4位 1A 田中結子さん   5位 1D 都竹美央里さん

男女総合 1位 1E  2位 1A  3位 1B
男子総合 1位 1A  2位 1E  3位 2D
女子総合 1位 1E  2位 3E  3位 1A

個人の部では2年連続で1位に輝いた横山昇太郎をはじめ,1,2年生の多くの生徒が20位入賞をしましたが、3年生の健闘も光りました。また、女子個人の部ではフレッシュな1年生が上位を占め、来年の大会に期待のもてる結果となりました。高低差のある厳しいコースを一人ひとりが一生懸命走る姿は素晴らしいものを感じました。走っている途中は辛く、嫌になり、心が折れそうになった生徒もいたと思います。しかし、ゴールした瞬間、生徒たちは達成感や満足感に溢れていました。このマラソン大会でゴールした時の気持ちを自信に変え、今後の生活に活かしていってほしいと思います。
また、マラソン大会にご協力いただいた保護者の皆様、地域住民の皆様に感謝いたします。来年も今年のような素晴らしいマラソン大会を開催できることを楽しみにしています。