高山市議会「高校生との意見交換会」

2月10日(日・建国記念日)に、高山市議会「高校生との意見交換会」が行われました。
第3回となるこの会では、生徒が日頃の生活で感じたことや学習で取り組んだこと、またそれらを通して感じた今後の町づくりなどを発表する高校生の意見発表と、高校生と市議会議員さんとが意見を交わし合う意見交換とが行われました。
斐太高校からは代表生徒2名と生徒会執行部8名の計10名が参加しました。第1部の意見発表では、1月31日に行われた「SGH Hida. T-Academia」の発表会で最優秀となった2年A組のテーマ「美夜斐 -MIYABI-」にて、高山市の観光に関する分析と、夜の観光客誘致のための提案とそれに伴う課題などを発表しました。第2部の意見交換では、4名の議員の方と意見交換を行い、高校生が考える高山の魅力や、今後取り組むべきことなどについて話し合いました。最後の議長さんによる第3部のまとめでは、斐太高生が強い思いをもって取り組んできたであろうこと、高山の観光のため即戦力になってもらいたいこと、などお言葉をいただきました。
2時間余りの短い時間でしたが、議会に参加し、議員の方々と意見交換をしたことは生徒達にとって自分達が住んでいる高山市について深く考えることができる貴重な経験となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です