清水商事様・十六銀行様より学校へ図書寄贈

1月29日(月)、清水商事株式会社様、十六銀行株式会社様より、じゅうろくCSR私募債『つながるこころ』事業として、223タイトル、249冊の図書を寄贈いただきました。CSR私募債とは、取引先企業が私募債を発行する際に、銀行が手数料の一部を拠出し、企業が指定した団体等へ寄贈を行うもので、このたびは清水商事・三輪義弘社長が母校である本校を寄贈先にお選びいただきました。
各クラスに学級文庫として設置し、原則として2か月ごとに入れ替えをしていきます。文庫、新書を中心に新旧の名作小説や進路決定の参考になる本、英語の多読本など高校生のうちに読んでおきたい本を集めました。生徒が多くの本と出会う機会として有効に活用させていただきます。ご寄贈ありがとうございました。

コメントを残す