2年 クラス対抗英語ディベート大会

4月から月1回行ってきた英語ディベートですが、12月にはクラスの代表者による決戦が行われました。論題は「There should be a university in Hida.(飛騨に大学を誘致すべきである)」。代表者は、クラスの威信をかけ、遅くまで学校に残り、準備をして臨んでいました。どの試合も大変レベルが高く、審査員の先生方も、判断に苦しみました。結果、文系クラスの1位は2年D組、理系クラスの1位は2年F組になりました。両クラスは1月31日(水)に高山市文化会館で行われる「SGH Hida.T-Academia 地域活性化プログラム発表会」で、決勝戦を行います。

コメントを残す