岐阜市内3校合同エンパワーメントプログラム

12月26日(日)~28日(火)の3日間にわたり、本校を会場にして、「岐阜市内3校合同エンパワーメントプログラム」が行われました。「エンパワーメントプログラム」とは、日本国内の大学(院)に留学している外国人留学生、大学院生とともに、全て英語で行われる多彩なグループワークを通して、「自ら主体的に考え、自分自身を探究すること」を目的とした研修プログラムです。

岐阜北高校、加納高校、岐山高校の岐阜市内3校から21名の生徒が参加し、”Positive Thinking”や “My Identity”, “Leadership”について考えるディスカッションや “ダイバーシティ社会”を創造するグループプロジェクト、さらに自分の夢を語るプレゼンテーションなどに取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<参加生徒の感想>

・英語で自分の意見を言ったり、自分とは異なる意見を共有した  りとなかなか体験出来ないことをたくさん味わうことができたのでとてもよかった。

・英語力だけでなく、人間力も向上したと感じた。 3日間だけだったけど、今後の活力になるいい機会だった。

・英語で話すことが楽しかった。自分に自信が持てた。新鮮な英語に触れることができた。