学校薬剤師による医薬品についての特別授業を実施しました

11月11日(木)2年2組にて、学校薬剤師の望月祐子先生による医薬品についての特別授業を行いました。「医薬品の正しい使い方 ~自分の身を守るために~」をテーマに、自然治癒力と薬、薬剤耐性について、医薬品の分類や昨今の状況、薬の正しい飲み方、セルフメディケーションについて教えていただき、最後に薬の正しい飲み方についての実験も行いました。

生徒の感想から、自分の薬の服用の仕方を見直したり、抗菌薬について詳しいことを知った等の感想が多く聞かれました。

この特別授業はコロナ対策のため1クラスのみの実施し、他の2年生は録画をした授業を保健の授業で視聴します。

【生徒の感想】

・実用的なこと、グローバルなこと、たくさんのことを学んだ。特に薬剤耐性菌については、自分のことだけではなく、回りまわって人に影響を与えていることを知って驚いた。

・家族が色々な病院に行って、毎日多くの薬を飲んでいるが、前から気になっていたので、この機会にそれぞれの薬の効果などについて調べてみようと思った。

・要指導医薬品や同じような商品名でも、主成分が全然違うものがあることを知ったので、自分がどんな薬を必要としているかをしっかり確認してから購入しようと思った。