軟式野球部

 本校の軟式野球部は、資料で確認する限り創部60年を超える歴史と伝統のある部活動です。学業と部活動の完全な両立をモットーとし、限りある時間と場所を有効に使って効率的で質の高い練習を心がけています。
 近年は県内外の多くの高校と積極的に練習試合を行い、実力の錬成をはかっています。地区大会4年連続優勝、3大会連続東海大会出場、2017秋季東海大会では4強に入るなど、徐々に結果も残せるようになってきました。また女子部員が選手として在籍することもあります。高野連主催の公式戦には出場できませんが、練習や練習試合には男子とともに参加してプレーしています。

部長の言葉

 部活動とは、単にその競技の技術を高めるだけの場ではありません。様々な人とのコミュニケーションの取り方、相手への礼儀やマナー、自分の失敗を正直に謝ること、限られた時間や環境で工夫して課題解決を目指すこと。こうした人間としてできて当たり前のことを、私は軟式野球部で学びました。
 平成29年、私たちは悲願の東海大会出場を果たすことができました。技術面のみならず、集中力や忍耐力、チーム全体の結束力の向上がこの成果をもたらしてくれたのだと感じています。こうした部活動での頑張りが、大学受験や、社会人になった後につながっていくと信じて、これからも日々の活動に精進していきたいと思います。

近年の主な成績と部員数