研究授業が行われました!(9月20日(金))

9月20日(金)、数学科の石原拓哉先生による研究授業が行われました。今回は1年生の数学Aにおける「確率」の学習の授業でした。

本校では研究授業を通して、教員間でアドバイスや講評を繰り返し、授業力の向上を図っています。今回の石原先生の授業では、確率を苦手とする生徒に、いかに楽しく主体的に学ぶことができるかを考えさせる授業展開でした。実際に言葉で説明するだけではなく、当たりくじや外れくじといった目に見える形で教材を作成し、生徒に分かりやすいように工夫されていました。

石原先生に話を聞くと、生徒一人一人の学力に応じた演習問題に取り組ませることやノートがとりやすいよう、ノートを書く時間と話を聞く時間に区切りを入れたそうです。感想としては、難しい内容でも一生懸命考え、教え合いながら問題を解いていてくれる姿が嬉しかったと語ってくれました。

教科が違う教員の参観も多く見られ、教科をまたいでの研修となりました。今後も不破高生にはどのような授業がいいのかを模索しながら、授業力向上を目指します!!