不破高校のピンクシャツDay vol.2!山田哲JAPANの取り組み (12月5日(木))

不破高Todayをご覧のみなさま。多くの方から「ピンクシャツDayで山田JAPANはどんな授業をしたのですか?」や「3-3は人権のどのテーマについて考えたのですか?」という声が聞こえてきましたので、ピンクシャツdayボリューム2を掲載させていただきます!

3-3ではICT機器を活用し、人権について深い学びにつながる授業をしました。男女差別、高齢者、人種のテーマに基づき、分かりやすく画像や動画を用いて担任の山田哲先生や副担任の永冶美甫先生が解説をしたり、生徒同士で話し合いをしたりしました。

「普段あまり人権について真剣に考えていなかったけど、人を尊重する態度や理解する姿勢が大切だと学びました」「明日からもっと人に優しく、思いやりを持って接していくことを心がけて生活していきます」と3-3の生徒は話してくれました。

全校生徒が胸にピンクリボンを付け、先生方もピンクのシャツやネクタイ、カーディガンなども身に付け、生徒とともにピンクシャツDayを盛り上げました!山田哲JAPANはこのような活動をしました。みんな主体的に意見交流を行っていたのが印象的です。

不破高校が今以上に温かな雰囲気で盛り上がると良いですね。とても有意義な時間でした。ありがとうございました!