平成30年度の校外研修

 ■修学旅行  10月31日(水)~11月2日(金) 小鹿田、有田、唐津、波佐見

専攻科1.2年合同で九州の窯業地(小鹿田、有田の柿右衛門窯、今右衛門窯、唐津の太郎右衛門、隆太窯、
波佐見の白山陶器(株))を見学、美濃焼とは異なる空気感を感じながら、やきものづくりに対する姿勢に
感動し、ものづくりの精神をあらためて考える旅になりました。

 ■春の美術館見学 滋賀県(信楽陶芸の森、佐川美術館、近江八幡市)5月22日

1日バスでの見学、信楽陶芸の森では、熊倉順吉展を見学しレジデンスの様子を拝見、スケールの大きい仕事に
衝撃を受けました。佐川美術館ではアーチボルトの絵画を、近江八幡では街並みを散歩しながらNO-MAを見学

 平成29年度の校外研修

  ■秋の美術館見学 6月23日 諏訪方面

春の美術館見学は梅雨の晴れ間にピタッとはまり、爽やかな天気の中、井戸尻考古館、尖石縄文考古館で土偶と縄文土器を見学、復元された竪穴式住居に入り、縄文の生活に思いを巡らせたり、土器の使われた様子や作っているところを想像したり・・・諏訪湖畔の神長官守矢資料館では諏訪大社の昔の儀式の話を聞くと自然に育まれた生活というか、縄文から自然の中で生かされてきた日本の歴史を感じました。

>

   平成28年度の校外研修

  ■秋の美術館見学 11月9日 松本地方

秋の美術館見学は新雪をかぶったアルプスと紅葉で色づいた山々を横目で眺めながら、松本民芸館、松本城、松本美術館をめぐる日帰りコースとなりました。ゆったりとした時間の流れのなかで、江戸時代の生活道具の温かさと美しさに魅了された松本民芸館、現代アートの面白さに触れた松本美術館、アルプスを背景にどっしりと構える松本城。1日で帰ることがもったいない。

 

  ■平成28年度修学旅行 10月25日~10月28日

今年の修学旅行は天候が心配されましたが、なんとか思ったほど降られることなく、無事に見学できました。隆太窯では中里太亀さんのろくろ成形をじっくり見学させていただき、太郎右衛門工房でも作品を手に取って鑑賞させて頂きました。生徒は初日から大満足。見学先のみなさんの、やきものを学ぶ生徒への特別なご配慮を感じながらの旅でした。今右衛門窯、柿右衛門窯では、それぞれの伝統を引き継ぐ職人の方々の仕事をまじかで見学できました。プロダクトの仕事として白山陶器を見学しましたが、そこにも良質のものづくりの精神が生きている感じがしました。そのほか、小鹿田焼、大川内窯など、伝統の大切さと共に、それを引き継ぐ難しさも感じることができました。4日間盛りだくさんのやきものツアーでした。

  1日目 唐津 隆太窯、中里太郎右衛門工房

  2日目 有田 今泉今右衛門窯、酒井田柿右衛門窯、九州陶磁文化館

  3日目 有田 大川内窯、波佐見 白山陶器(株)

  4日目 小鹿田焼、九州国立博物館

 

 ■1学期の研修

  ●5月18日 春の美術館見学

  ㈱陶額堂、長浜市大通寺、近江八幡市 ボーダレス・アートミュージアムを見学しました。

  

      陶額堂の工房見学          近江八幡の街並みを歩きながらボーダレス・アートミュージアムへ

 
  

    近江八幡の水路の眺め                 藤森照信氏が設計した建築

 

   平成27年度の校外研修

  ■平成27年度 修学旅行 10月27日~1月30日

  今回は唐津、大川内窯、有田、波佐見、小鹿田と九州の窯巡りの旅となりました。1日目は唐津で、あいにくの雨になりましたが、隆 太窯では中里隆先生がろくろ成形を実演していただきました。また中里太郎右衛門工房では、窯と工房を見学しました。有田に入り、酒 井田柿右衛門窯、今泉今右衛門窯を訪ね、伝統のやきものづくりの現場をみることができました。生徒全員が丁寧な仕事とそこに向き合 う姿に感動し、自分の制作を振り返る機会となりました。波佐見では食器メーカの白山陶器を見学しましたが、量産品の生産でありなが ら一つひとつ丁寧な扱いでつくられていることに驚き、最後の4日目は昔ながらのやきものづくりを守っている小鹿田焼を目の当たりす ることができました。さまざまな視点でやきものを考えることができた旅でした。なかなかできない貴重な経験となりました。

  1日目 唐津 隆太窯、中里太郎右衛門工房

  2日目 有田 大川内窯、酒井田柿右衛門窯、九州陶磁文化館

  3日目 有田 今泉今右衛門窯、波佐見 白山陶器(株)

  4日目 小鹿田焼、九州国立博物館

 

■1学期の校外研修

今回は高山方面、渋草焼窯元を見学、これからの陶芸の新しい展開についてお聞きすることができました。その後は高山の古い町並みを散策、昼食後に日下部民芸館を見学した後、千光寺の円空仏を見学しました。梅雨に入っていましたが非常に良い天気で気持ち良い1日でした。

 

      渋草焼窯元工房の見学                       工房前で記念撮影 

 

 平成26年度の校外研修

■平成26年度 修学旅行 10月23日~10月25日

今年の専攻科2年生の修学旅行は、沖縄本島(那覇、壺屋焼、やちむんの里、名護など)へ行ってきました。沖縄の伝統なやきものはもちろん芭蕉布会館にも足を延ばし、沖縄の工芸文化に触れてきました。原料から手間と時間をかけて準備し、昔から培ってきた技術を活かし、手間と心をこめて、丁寧につくられていく工芸の現場を拝見して感動しました。充実した修学旅行でした。

主な見学先

読谷村やちむんの里(読谷山窯)、芭蕉布会館、美ら海水族館、首里城、佐喜眞美術館など

沖縄4日間の旅のスタートは読谷村やちむんの丘 読谷山窯に見学、専攻科OBの具志堅さんに案内していただきました。

 

那覇市内壺屋焼窯元 育陶園の工房見学、

 

■秋の校外研修

秋の校外研修は平等院鳳凰堂、教王護国寺(東寺)、そして京都国立博物館で鳥獣人物戯画を見学

 

 

 

■春の校外研修

平成26年度 春の校外研修 常滑見学

 

平成25年度 春の校外研修 尖石考古館 サンリツ美術館 見学

 

  • 戻る
  •