トップページ > 各種案内・報告 > 2010年度自己評価  
 
 
(○:成果  ●:課題  ※:来年度に向けての改善策)
学校経営(自己評価B)
【成果と課題】
○部活動において、弓道部女子団体のインターハイ優勝、ホッケー部男子の国体優勝をはじめ、多くの部で好成績を残した。また、資格試験、検定試験、コンテストなどにおいて、素晴らしい成果をあげることができた。

○姉妹校との交換留学、科目「異文化理解」受講者の海外研修、AFS留学生をはじめ海外から様々な来訪者を受け入れ、国際交流に努めた。

○耐震工事中は安全確保・学習環境等に配慮しながら、円滑に学校運営を進めることができ、無事に工事を完了することができた。

○平成24年度全国総合学科研究大会に向けて準備を進めることができた。

●部活動と勉強の両立が課題である。めざす生徒像を職員が共有し、学ぶ意欲を育成する指導、家庭学習を習慣化させる指導をもっと充実していきたい。

※今年度に引き続き、「教育はチームプレーで!」「職員の率先垂範」を指導の基本におき、諸活動の中で生徒の目標実現を支援していく。本校の特色である、明るく元気なあいさつ、凛とした身だしなみ、活発な部活動など、社会から望まれる人間性を育成する教育をより一層推進する。また、適切で効果的な学習課題の提示・点検に努め、家庭学習時間調査をうまく活用して、部活動と勉強の両立を図らせる。

教務部(自己評価B)
【成果と課題】
○系列の特色を生かした指導の成果は、例えば、工業系列の資格取得状況(応用情報技術者試験、第一種電気工事士など)に表れている。

○相互授業参観・授業アンケートの実施、教科会での目指す授業像についての意見交流などにより、授業改善への意識を向上させることができた。

●家庭学習の習慣化の指導、個に応じた課題の支援は十分ではなかった。

●新学習指導要領を踏まえた教育課程の作成があまり進んでいない。

※目指す授業像・学習環境・学習規律等について職員の合意形成を図る。生徒には常にそれらを意識させて学習に取り組ませる。系列の特色を生かした学習指導をさらに発展させる。相互授業参観、授業アンケートを継続し、教科指導力の向上に努める。家庭学習時間調査をうまく活用して、家庭学習の習慣化を図る。新学習指導要領を踏まえた教育課程について研究する。

進路指導部(自己評価A)
【成果と課題】
○補習授業は募集期間を2期から3期に増やし、SS講座は部活動の生徒が受講できるような形態に変えるなど、学力を伸ばしたい生徒の希望に少しでも添えるように変更して実施した。更にセンター試験受験者に特別編成授業を受ける機会を設け、センター試験対策が例年より充実したものになった。

○面接試験がある生徒の面接練習は全職員の指導のもとに計画的に行われ成果をあげることができた。また就職者については、PTAと同窓会役員の方々による面接指導や、就職希望先企業を見学することで就職意識が高まった。

●「進路ガイダンス」「産業社会と人間」「総合的な学習の時間」などを通してライフプランの作成とその実現に向けての取り組みを常に意識させ、組織的、体系的な指導を3カ年間継続して行うことが重要課題である。

※進学希望者に対して、高校卒業後の上級学校への「進路保障」ができる進路指導、さらに卒業後上級学校の授業理解のための学力定着が大切である。そのためには、指導者側も生徒の学力を把握することは不可欠であり、生徒自身も自分の学力を知る機会が必要である。よって、来年度より3年次生に対して実力テストを実施することを計画している。就職希望者に対しては、日本経済が不況の深刻さを増していく中、来年度以降、就職希望者への求人数が大きく減らないように企業訪問などを通してお願いする。更に生徒自身も、特徴をアピールできるよう、部活動の3年間の継続や資格取得等を目指させる。

生徒指導部(自己評価B)
【成果と課題】
○全校一斉登校点検や校門での挨拶運動を通して、高校生としての身だしなみ、挨拶など社会的マナーが身に付いてきている。

○諸問題に対して、担任、部顧問等との協力・連携がとれた。

●交通安全教育について、交通ルールやマナーについての意識の低下がみられ、苦情も数件あった。また、事故件数は22件で昨年度より4件増加した。継続的な啓発活動・呼びかけ等の強化を図る必要がある。

●学校生活や学習に対する不適応、人間関係に関する悩み等の理由で、長期欠席となり、休学する生徒が増加した。特に1年次生が多い。入学時から懇談・相談を強化すると共に、強い心とコミュニケーションの場を多く作るなど、早期対策が必要である。

※豊かな心と思いやりの心。すなわち、人としての心(考えや行動)の育成の強化が必要であるため、さまざまな機会を利用して考えさせる場を多く作る。

※ルール・マナーの意識に対して希薄さが感じられる。ことある度に生徒諸君に訴えると共に、社会性の育成のためにも、物事に対して主体的に取り組む中で豊かな人間性を養うよう指導する。

※規範意識や授業規律に対して、是は是・非は非の中で公正に判断し、礼儀・言葉遣い・行動を正していけるよう指導する必要がある。

特別活動部(自己評価A)
【成果と課題】
○生徒一人一人が、学校行事や、委員会活動、部活動などの諸活動において、意義を見いだし、積極的に取り組む姿勢が、学校の活力となることができた。

○部活動を中心に、各種委員会、系列などにおいて、生徒が、主体的に活動し、その結果、数々のコンテスト、コンクール、東海大会、全国大会などで結果を出した。

●今年度1年次生の部活動定着状況にやや不十分な点が見られた。特に部活動の途中変更が多く見られた。部活動に積極的参加ができるように働きかけることが課題である。

●諸活動において、さらに学校への規範意識と、社会の一員としてのモラルやマナーを守る姿勢を培うことが課題である。

※それぞれの活動における学校への規範意識の向上と、奉仕する心の育成、活動のより明確な目的意識の設定と、社会の一員としてのモラルやマナーを守る姿勢を培う。

※部活動への取り組みについては、新入生に対してのオリエンテーションの在り方、本登録後の活動状況など、特別活動部、部顧問、HR担任との連絡、連携方法などを検討する中で、更なる定着の方法を研究する。

図書部(自己評価A)
【成果と課題】
○朝の読書は全職員の共通理解のもと継続的に実施することができた。

○図書館だよりの随時発行、館内には季節に合わせたコーナー設置をすることにより、新刊だけではなくもともとある蔵書にもスポットをあてることで多くの人に興味を持ってもらうことができた。

○校内読書感想文コンクールで入賞した作品が、昨年度に続いて県の読書感想文コンクールでも入賞した。

※「全校一斉朝の10分間読書」については時間や期間の延長を要望する生徒や職員の声も多い。次年度は、年間を通して実施することを、図書部として提案したい。

※「校内読書感想文コンクール」については、本年度の県コンクール入賞を受け、次年度以降も更に継続・発展させていきたい。

保健厚生部(自己評価A)
【成果と課題】
○集団行動では、担当職員が早い時間から指導を始め、生徒も素早い行動が出来た。新体力テストでは、今年度も良い成績であった。

○保健室の利用において、怠学傾向の生徒利用もなく適切であった。

○AED講習会では、心停止事故が発生した時、至急対応できるように、職員とスポーツ科学系列の生徒が受講し修了証を受けた。

●ゴミの出し方(分別)、飲食ゴミの放置、ガムの吐き捨て等、一部マナーの悪い点が見受けられた。

※今年度は概ね良い活動・実施状況であったので、来年度も今年度同様、活動・実施していきたい。ゴミの分別、放置、ガムの吐き捨て、マナーについて注意していきたい。

渉外部(自己評価A)
【成果と課題】
○会員との連携をより進めたことでPTA研修、学園祭・耐寒競歩大会でのPTAバザーにおける参加者が増えた。

●PTA総会により多くの人が参加できるように進める。

※今年度は、概ね良い活動や実施状況であった。来年度も今年度同様な活動を実施していきたい。


1年次(自己評価B)
【成果と課題】
○「産業社会と人間」の授業を通して、自己の個性や適性を様々な角度から見つめなおすことができた。特にインターンシップや先輩の話、進路講話を通して自分の将来の生き方あり方を考える良い機会となった。

○科目選択では教務部、進路指導部、教科、系列と連携を取り生徒の進路実現に向けての指導ができた。

●落ち着いた学校生活を送ることを目的とし、朝の10分間読書を継続して行い、その効果はあったが、朝の部活動が始まると足並みをそろえて実施することが困難になった。

※総合学科の特徴である教科「産業社会と人間」及び科目選択を通して、担任をはじめとし各分掌・教科・系列など多くの先生の指導により、生徒は自己の生き方あり方を考えことができた。そして、幅広い視野で自分の適性や個性に合った進路選択を考え、ライフプランをまとめあげることができた。今後さらに年間計画の見直しを進め、よりよい指導を行うことができるよう見直しを進める必要がある。

2年次(自己評価A)
【成果と課題】
○新しい系列の学習活動積極的に取り込むことができ、資格試験やコンクールで大きな成果を上げることができた。また、部活動でも優秀な成績を収め今後も期待したい。

○多様の悩みを抱えている生徒が多く、保護者、担任、相談部、部顧問間等と連携を図り、問題の解決となるよう個々にあった指導助言を継続的に行うことで対応することができた。

※今年は自分の目標を実現するための選択科目の学習に取り組むことになり、学習環境に新鮮さを感じた年になったと思う。悩みを抱える生徒の対応について保護者、担任、分掌等で連携を図り適切な指導助言を行うことで対応できた。今後もさまざまな多様な生徒への対応が難しくなると考えられる。資格試験やコンクールまた部活動で、多くの先生方のご指導で素晴らしい成果をあげ、さらに今後の活躍に期待したい。年次としては今後もクラスの雰囲気作りと全職員の協力体制作りを意識して行いたい。

3年次(自己評価B)
【成果と課題】
○生徒と担任、系列担当者との個人懇談を充実させて生徒の進路希望を的確に把握し、生徒の希望に添うような進路指導ができた。

○継続的な活動の結果、各種大会において優秀な成績を収めることができた。

●諸般の事情で集会が持てず、HRでの指導に限られたことも含め、集団への帰属意識、また集団の一員として協調性、良識ある行動の大切さなど、もっと問題意識を普段から意識させて取り組めるとよかった。

※例年のように進路決定後に、生徒の学習意欲や目的意識の低下が一部見られた。それが生活のリズムや態度の乱れにつながる場合もあるので、最後まで緊張感を持って生活させるために、生徒個々の進路に合わせて系列ごとで課題を設定し、内定後の学習について観察していく必要がある。

※今年度も系列別にクラスを編成し、同じ目標を持つ生徒をまとめた。それによる学習意欲の高揚、進学実績などにおいてそれなりに成果をあげることができた。本校のような多種多様な目標を持った生徒に対しての進路指導を画一的にすることは困難であるが、ある程度クラス編成で分けておくことは生徒のモチベーションを保つ為に今後も必要だと思う

 
  岐阜県立岐阜総合学園高等学校
  〒500-8289 岐阜県岐阜市須賀 2-7-25 Tel 058-271-5548 Fax 058-274-2350