教育方針

教育目標

 生徒一人一人の「生きる力」を育むため、個々の能力や長所を伸ばし。優れた創造性と豊かな社会性をもった、
たくましく実践力のある心温かな人間の育成を目指す。

教育方針

(1)基本的な生活習慣の確立に努め、活気に満ちた明るい学校を構築する。
(2)生徒の能力、適性、進路に即した教育課程のもとに、自ら学ぶ意欲と
   主体的な学習態度の育成を図り、基礎学力の向上を期する。
(3)日常の生活指導と積極的な教育相談に努め、家庭との連携を密にして、
  社会的、道徳的規範意識の向上を図る。
(4)自己理解を深め、望ましい勤労観・職業観を確立し、生徒一人一人が
   進路目標を達成できるよう、 キャリア教育の推進に努める。
(5)豊かな情操と人権尊重の精神を育成するとともに、強い意志と行動力を養い、
   心身の発達を図る。
(6)普通科・生活福祉科それぞれの特徴を伸ばすとともに、
   学科間の連携を深めることにより幅広い教養を備えた地域に有為
   な人材を育成する。

目指す生徒の姿

(1)清楚な身だしなみの関有知高生
(2)挨拶、言葉遣いに気を配り、時間を守る関有知高生
(3)授業を大切にする関有知高生
(4)一段高い進路目標を定め、その実現に努める関有知高生
(5)部活動で自己を鍛える関有知高生
(6)思いやりのある関有知高生

本年度の指導の重点

(1)教科指導の重点
 ① 新教育課程に沿った教育課程を構築し、シラバスを周知させることにより各教
   科・科目の到達目標、学習活動及び評価の観点・方法を明確にして、「わかる・
   できる・活動する」授業の実践に努める。
 ② 習熟度別授業や少人数授業、またチームティーチングを通じて、1時間1時間
   の授業の中で生徒が成就感を得られる学びを実践する。
 ③ 自主的な家庭学習を育むことにより、基礎・基本の定着を図る。

(2)生徒指導の重点
 ① 生徒が集団の一員としての自覚に基づいて主体的かつ責任のある行動をとり、 
   具体的な目標に向かって積極的に自己を生かすよう指導する。
 ② 全教職員があらゆる機会を捉えて生徒一人一人を正しく理解し、積極的な生活
   指導・教育相談を推進して生徒と教師が好ましい人間関係を築く。
 ③ 地域と一体となった生徒指導を推進するため、家庭をはじめ、小・中学校や
   関係諸機関との連携を深める。

(3)進路指導の重点
 ① 自らの進路を選択できる能力や態度を育成するため、発達段階に応じた
   計画的かつ適切な進路ガイダンスを展開し、個々の生徒の進路希望を具
   体的に掌握する。
 ② 望ましい勤労観・職業観を育成するため、総合的な学習の時間との関連を
   踏まえた体験的活動と外部人材の活用を推進し、確かなキャリア育成に努める。

(4)特別活動等の指導の重点
 ① ホームルーム活動や生徒会活動を通して学校生活への適応を図るとともに、
   人間として望ましい在り方・生き方を考え、互いに尊重し合う態度を養う。
 ② 部活動に自主的、積極的に取り組み、楽しさの中にも厳しい練習を通して
   心身の調和のとれた発達と個性の伸張を図り、集団や社会の一員としての
   基本的な規範意識の高揚を図る。
 ③ 挨拶運動、地域清掃、福祉施設訪問などボランティア活動を積極的に推進し、
   コミュニケーション能力などの実践的な態度を身に付けて自己有用感を高める。