岐阜県立益田清風高等学校

書道部 - 部活動紹介 -

部活動の紹介

「墨遊」~墨を友とし、仲間と共に美を求める~
 書道部では、基本的に毛筆(もうひつ)で、半紙(はんし)・半切紙(はんせつし)を使い練習をします。また、コンクールなどでの賞をねらうのではなく、あくまでも書に親しむことを目的に活動しています。
 書には「五体(ゴタイ)」と言って、楷書(カイショ)・行書(ギョウショ)・草書(ソウショ)・隷書(レイショ)・篆書(テンショ)があり、色々な書体に挑戦しています。文化祭では、大きな紙準備してみんなの思いを大きな文字で表現するパフォ-マンスを行いました。また、書道室では、自分の好きな言葉などを選んで、授業とひと味違った芸術的な作品などを展示しました。
 その他の活動として、5月の「岐阜県美術展・書道部門」に出展、11月に「硬筆(こうひつ)検定(ボールペン検定)」の実施、2月の「飛騨地区書道展」に向けて出展の準備をします。

写真ギャラリー