園芸流通科生徒 世界4カ国へGO!

令和元年 県内たった10名の海外派遣生徒 なんと2名は園芸流通科!さて、どんなだった?


日本から一番遠い国で見付けた「ザ・日本」

学校で着る青い実習服を着た

場所は加茂農林から2万キロのブラジルの青空

この国を支えているのは「ザ・日本」の農業と流通と聞いて

仲間とブラジルの空の下 実習体験。手に力、入るね

ドイツはきれい!かしこいエコの国にて

アメリカからブラジルそしてヨーロッパ大陸へ

ここはドイツ 町がきれい それは国民をあげて

エコな農業と流通の環境をつくっているから

日本にいては わからない大切なこと

オランダ花の国 たくさんダリアの畑にて

品種改良にあこがれて この海外実習派遣に参加したけど

ここは世界一の、ダリアの品種改良の試験農場

花の世界 世界の花 花の力にただ感動

花が心をうごかす 花の向こうで夢が見えてくる

世界最大の市場 それは最先端テクノロジーの現場

アールスメア市場は広い そこを動くのは無人のロボット

農業がかっこよくて 花の流通がスマート

世界の流通力に圧倒される 勉強になる

アメリカは でっかい農業 でも やさしい

日本の農地の200倍の面積はある

世界に輸出するためのフルーツ

でもアメリカ農業は 環境にやさしく技術は高い

そして流通があるから 元気がある

流通の世界がおしえてくれる「未来」

自分の町の市長様に報告! 海外のこと夢のこと

海外の感想は?と市長さんに聞かれて

「もっと日本の農業の魅力を勉強したいです」と語るふたり

未来の農業 美濃市と各務原市の農業について話して 盛り上がりました

日本の農業の魅力 花と流通で 夢と未来 広げます