本文へスキップ

各西Today!KAKUNISHI TODAY!

2月28日(火) あしあと

 先週末には国公立大の前期二次試験がありましたが、後期に向けてまだまだ3年次生の戦いの日々は続いており、学校でも特別講座が継続中です。教室で、使い込まれた参考書を見つけました。クタクタになった表紙とおびただしい付箋。もう一踏ん張り。頑張れ各西生。

2月27日(月) 部活動C

 男子バスケ部です。多くの部活動が体育館を共用している上、30人近い部員がいるので、練習方法には工夫が必要です。冬場の定番トレーニングメニューの「縄跳び」の様子です。もちろん「二重跳び」です。秋の新人大会では地区を勝ち抜いて県大会に進出しました。

2月24日(金) 部活動B

 男子テニス部です。各西には3面の全天候型コートがありますが、男女テニスとソフトテニスの3部が共用している上、男子テニス部には30人近い部員がいるため、練習方法には工夫が必要です。秋の新人大会では県ベスト8に進出するなど、その成果が表れています。

2月23日(木) 部活動A

 女子ハンドボール部です。次第に日が長くなり、春の兆しが感じられるようになった今、早くも半袖姿で練習に臨む「熱血」な部員もちらほら見られます。瞬発力も持久力も求められる激しい競技なので、大きな声を出して元気よく練習する姿が印象的でした。

2月22日(水) 部活動@

 陸上部です。秋の新人大会では、男子やり投げで東海大会出場、女子走幅跳で県大会入賞と、着実に成果を出しています。冬場の今は、サーキットトレーニング中心の練習です。股関節を柔らかくして可動域を広げたり、体幹を鍛えたりするメニューに取り組んでいます。

2月21日(火) 生徒会選挙

 来年度前期の生徒会執行部の選挙を行いました。前期は球技大会や青桜祭など、生徒会が主体となって企画・運営する行事が目白押しです。どの立候補者も、青桜祭の成功に向けて並々ならぬ意欲を語りました。1年5組から4人も立候補していたのが目を引きました。

2月20日(月) 養護学校との交流

 各西では、近隣の各務原養護学校と定期的に交流事業を行っています。今回は、本校のインターアクト部が養護学校を訪れ、スポーツ交流会(ドッジボール)を行いました。大きな声で思いきり笑って楽しい時間を過ごしたあと、グループトークで交流を深めました。

2月17日(金) 日本文化!

 家庭科では、「国際人として日本の伝統文化を身に付ける」ことを目標に、伝統文化や行事食を学んでいます。今回は、その一環として「正しい箸の使い方」です。どんぶりの中の大豆を、箸でつまんでお椀に移していきます。1分間で何個できるか、タイムトライアルです。

2月16日(木) 日本史の授業

 学習指導要領は、歴史の授業について、「資料」「解釈」「説明」をキーワードに定めています。教師の一方的説明を理解するのではなく、生徒が自分なりに歴史資料に当たることを前提に授業を進めています。写真は、江戸幕府の「鎖国令」と格闘中の生徒の様子です。

2月15日(水) 学校評議員会

 学校外部の方から学校経営についてご意見を伺う「学校評議員会」を開催しました。委員の方々に本校が取り組んでいるアクティブラーニング型の授業を参観いただき、学力評価の問題や習熟度別授業の在り方などについて本質的な提言をいただきました。

2月14日(火) 研究授業A

 英語の研究授業の中で、「その手があったか!」と感心したのが、カナダからの交換留学生ジャロッド君の活躍です。写真は、先生とともに「添削指導」に励むジャロッド君。生徒にとっては「質問しやすいネイティブな人」ですから、こんな強力なサポーターはないですね!

2月13日(月) 研究授業@

 本校には、今年度3人の新規採用教員が配置されており、日々「初任者研修」に励んでいます。その一環として、英語科の研究授業を行いました。動名詞や不定詞といった文法事項を身に付けるために、グループワークでスピーチや質問を繰り返しています。

2月10日(金) 体育館改修

 11月から行われてきた体育館の改修工事が終わり、ピカピカのフロアで活動が再開しました。この3ヶ月間、体育館の部活動は外部施設での練習を余儀なくされていましたが、ようやくホームグランドに帰還です。新しいLED照明の下で溌剌とした声が響いています。

2月9日(木) ALモデル授業

 大学における英語のAL(アクティブ・ラーニング)の第一人者、立命館大・山中司先生をお招きし、1年次生を対象にモデル授業をしていただきました。「ピコ太郎」の例から、下手でも苦手でも間違っていても、英語で発信し続けることの大切さを体験的に学びました。

2月8日(水) 大学生の授業見学

 社会科の教員を目指している東海学院大学の3年生が、各西の授業見学に訪れました。来年度の教育実習を控え、「より良い授業」を目指して現場の先生が工夫している点を実地に学ぶためです。授業見学の後には校長先生(社会科)による特別講義も行われました。

2月7日(火) 裁縫男子

 家庭科の実習で、「はし袋」を制作しています。一枚の布を採寸したり仮止めしたりして、ミシンでオリジナル作品を縫い上げます。慣れない作業に四苦八苦する生徒には、先生がつきっきりで援助していました。「はし袋」でマイ箸を持ち歩くことはエコにもつながります。

2月6日(月) 朝読書

 各西では、年に2回、期間を限定して「朝読書」を行っています。紙媒体の本に親しみ、物事を多角的に捉えたり人生を深く考えたりする機会とすることをねらいとして、毎朝10分間の読書タイムです。生徒からは、期間を延長して欲しいなど肯定的な反応が見られます。

2月3日(金) 写真撮影

 来年度の身分証明書に用いる写真の撮影を学校で行いました。入り口で頭髪や身なりのチェックを受けた後、4台のカメラに分かれて撮影です。カメラマンの指示に従って身体を傾けたり表情を作ったり。ちょっぴり緊張気味にカメラに収まっていました。

2月2日(木) 普段の授業風景

 「アクティブ・ラーニング型」の授業について研究を進める本校では、グループ学習がごく普通に行われています。写真は数学の二次関数の授業の様子です。グループ形態になっていることで、“ちょっと引っかかったこと”をすぐにグループで教え合うことができています。

2月1日(水) 「情報」の授業

 情報化社会の進展を背景に、すべての高校で「情報」の授業を行っています。本校でも1年次生が情報モラルや、情報処理、情報発信の基礎的なスキルを学んでいます。1人1台のパソコンがあり、教員2名がついて授業を行います。「情報」は現代社会の必須アイテムですね。