本文へスキップ

各西Today!KAKUNISHI TODAY!

7月28日(木) まだまだ!

 多くの高校がすでに夏休みに入っている中、各西は今日まで授業を行っています。学力向上のためにはやはり授業が一番。真夏の暑いシーズンも、校舎内はエアコンで快適な環境が保たれています。明日から8月24日までが夏休みです。充実した夏休みにしたいですね。

7月27日(水) 体育の授業

 女子の体育の授業の一コマです。真夏の暑い時期は、天候によって活動内容を変えていますが、比較的涼しかったこの日はサッカー(フットサル)です。“なでしこ”ブーム以来、「実はやってみたかった」という女子が急増中。ボールキープの方法をペアで練習しています。

7月26日(火) 応援団練習

 9月に行われる各西の体育祭では、全校を3団に分けて応援と競技を競いますが、保護者懇談期間中の午後を利用して応援団練習がスタートしています。現在は、応援演舞の各パートを構成する部分練習の反復です。やがて全体を結びつけて大作演舞へと仕上げます。

7月25日(月) くす玉作り

 保護者懇談期間中の午後は、補習授業や部活動、9月に行う文化祭・体育祭準備などの活動を学校のあちこちで行っています。立候補で全校から集まった約30人の文化祭実行委員会では、オープニングセレモニー恒例の「くす玉作り」に取りかかっています。

7月22日(金) 保護者懇談

 保護者懇談を行っています。“夏を征する者が受験を征す”と昔から言われるように、3年次にとっては「決戦の夏」を前にした大切な懇談です。部活動によっては「引退」前というケースもあり、写真のように部活動を途中で抜け出して懇談に臨む3年次生もいます。

7月21日(木) 朝読書

 今週は「朝の10分間読書(朝読)」を実施しています。実施に先立ち、図書委員会のキャンペーンや先生方による「西高推薦図書」など、準備を進めてきました。「朝読」は多くの小中学校で実践しており、高校で継続することで生涯にわたる読書習慣が定着するといいですね。

7月20日(水) パート練習

 コンクールまで1ヶ月を切り、吹奏楽部の練習も最後の追い込みを迎えています。「音色をそろえる」「息のスピード感をそろえる」「仲間がちゃんといる。一人で悩まない」など、具体的な目標を貼り出しています。まずは校舎のあちらこちらに分かれてパート練習です。

7月19日(火) 高校野球

 夏の高校野球、対富田高校戦が各務原市民球場で行われ、スタンドは大勢の応援生徒で埋め尽くされました。試合は、5点差を跳ね返して延長戦にもつれ込みましたが、6−8で惜敗しました。写真は、8回裏、逆転2ランが飛び出して歓喜に沸くスタンドの様子です。

7月15日(金) サッカー部

 各西では、グランドで野球、サッカー、男女ハンドボール、陸上の各部が練習しています。曜日や時間帯をうまく使い分けて、互いに練習場所を確保しています。サッカー部が広く使う時間には、大勢の部員がグランドいっぱいに広がってロングパスを蹴り出していました。

7月14日(木) 真夏の剣道部

 剣道部の様子です。真夏にも大会があることから、気温が30度を超える環境の中でもフル装備で練習しています。もちろん、扇風機やこまめな水分補給、短時間での集中練習など、対策を十分にとっています。練習を終えてメンを外すときの爽快感が想像できますね。

7月13日(水) 応援練習

 高校野球の地方大会が開幕しました。今週末に初戦を迎える本校でも、有志による応援練習が始まりました。野球部員が応援リーダーとなって、今年から新しくなった“チャンステーマ”や選手の個人テーマ曲を練習しました。チャンスを引き寄せて、まずは初戦突破ですね。

7月12日(火) 気合、入ってます!

 高校野球の地方大会が開幕しました。“最後の夏”を迎えた3年次の野球部員が一斉に髪を短くしたため、校内のあちらこちらで目立っています。2年連続ベスト16からの飛躍を目指し、今週末には初戦の対富田高校戦を迎えます。気合いを入れて勝ちに行きましょう!

7月11日(月) 結団式

 9月に行われる体育祭に向けて結団式を行いました。本校では、「白団」「黄団」「青団」の3団に分かれて応援と競技を行います。各団の団長は団旗を授与されたあと、全校生徒を前に決意表明を行いました。また、校長先生から全校生徒に向けて熱いエールが送られました。

7月8日(金) R−CAP テスト

 1年次生は、「R−CAPテスト」(職業適性検査)を受けました。その分析結果の見方について、(株)リアテックの鳥居佳子さんを講師に招いて研修会を行いました。向いているのが予想外の職業だったり、知らない職業だったり。進路選択の視野が広がる研修になりました。

7月7日(木) 大学広報部の取材

 本校の若手教員が、出身大学の広報部の取材を受けました。大学の広報誌の「活躍する卒業生」の1ページを飾る予定です。心優しい生徒に囲まれて勤務する本校の先生は、自分の力を存分に発揮して輝いて見えます。大学へのよいメッセージになるといいですね。

7月6日(水) 養護学校との交流会

 各務原養護学校との部活動交流会を行いました。養護学校の生徒約70人が本校を訪れ、バレーボール、陸上、剣道、美術、合唱の各部活動に分かれて合同練習を行いました。あいにくの雨天となりましたが、どこの部活動も笑顔いっぱいの時間になりました。

7月5日(火) サッカー部

 サッカー部のミーティングの様子です。作戦板を前に、顧問の先生を囲んで戦術の確認をしています。1、2年次だけで40人の部員が所属するサッカー部は、「自ら考え、自ら動く」ことを大切にしています。試合の中でも、また社会へ出てからも、大切な精神ですね。

7月4日(月) 主権者教育

 「18歳選挙権」初の国政選挙を間近にひかえ、3年次生は朝日大学の小林祐紀先生を講師に迎え、「大切な一票を生かすために」と題する講演会を行いました。若者の投票率が高いスウェーデンの意識調査から、「民主主義を信頼することの大切さ」を力説されました。

7月1日(金) 那加中PTA

 那加中学校のPTA約60人による「高校見学会」が実施されました。授業参観や学校説明のほか、今回は那加中出身の在校生(一年次生)から那加中在校生(3年生)に向けてのメッセージ紹介がありました。那加中にとって「一番近くて、一番良い高校」であり続けたいです。