本文へスキップ

各西Today!KAKUNISHI TODAY!

11月30日(水) 出前授業A

 岐南中「出前授業」のレポート第2弾です。出前授業に引き続き、各学校のPRタイムがありました。本校からは教頭が参加し、各西の魅力や在校生の活躍の様子を伝えるとともに、そもそも普通科高校で学ぶ意義や受験勉強の留意点などを、熱く語りかけました。

11月29日(火) 出前授業@

 本校にとっては“準”地元である岐南中学校が、高校の先生方を招いて「出前授業」を実施しました。岐山、羽島北、岐阜総合、県岐商、岐阜工、岐阜高専、岐阜各務野、各務原西の8校が参加し、3年生が希望に合わせて授業を選択します。本校からは英語の授業を出前しました。

11月28日(月) 統一LHR

 年次ごとに共通テーマを決めて、全校統一LHRを実施しました。テーマの内容から当日の進め方まで、事前に各クラスの委員長が集まって議論を重ねて実現に漕ぎ着けました。写真は1年次の「すごろくトーク」の様子です。クラスの親睦が確実に深まったようですね。

11月25日(金) 美化委員会

 日頃は地域の方々に支えられて美しさが保たれている通学路をですが、今回は美化委員会の活動として落ち葉掃きを行いました。学校周りの「各西桜」の落葉も、ようやく“終盤戦”を迎えていますが、通学路の歩道は毎日掃いても追いつかないほどの枯れ葉の山です。

11月24日(木) 合同研究会A

 「魅力ある高校づくり推進事業」研究会のレポート第2弾です。数学の研究授業では、アクティブ・ラーニング型授業の手法として「ジグソー法」にチャレンジしました。他県の先進校を参考にした試みですが、予想外に活発な授業となり、成果を上げることができました。

11月22日(火) 合同研究会@

 本校が県教委から指定を受けている「魅力ある高校づくり推進事業」の研究会を実施しました。学校支援課長をはじめ県教委から4人、県内6校から15人の先生が来校。研究授業のほか、各校の取組について活発に意見交流しました。写真は理科の研究授業の様子です。

11月21日(月) 教養アップ講座

 恒例の「図書館教養アップ講座」に、校長先生が講師として登場。80人の聴衆が集まりました。テーマは、先生が学生時代に研究されたシルクロード。先生が若手教員として本校に勤務していた頃に文化祭の職員劇で上演された「敦煌」の一場面を再現するサプライズも。

11月18日(金) 3年目研修

 岐阜県では、「3年間で一人前の教員を育てる」ことを目標に、新任教員の研修を実施しています。今回、本校がその集大成とも言うべき「3年目研修」の会場校となり、英語科教員が研究授業を行いました。同期採用の仲間から授業改善について様々な意見をもらいました。

11月17日(木) 芸術鑑賞

 年に一度の「全校芸術鑑賞」を行いました。今年は、劇団影法師による大型人形劇「三国志」です。体育館を芝居小屋のように設え、120pほどの大きな人形を巧みに操りながら古典の名場面を再現していました。「本物」や「一流」に触れる機会は大切にしたいものですね。

11月16日(水) 選択美術

 3年次生の「美術」選択者が校内でスケッチをしていました。単位制のメリットを生かして、各西では進路希望に応じて柔軟な時間割を自分で組むことができます。芸術系大学への進学を希望する彼女の場合、週8時間が「美術」で、しかも超少人数の濃密な授業です。

11月15日(火) PTA研修会

 「笑いヨガ教室」の茂益亭蝶代(もましてい・ちょうよ)先生を講師に迎え、PTA研修会を行いました。“笑いは人々を素晴らしい形で結びつける”、“笑いは状況に関係なく前向きにさせる”というお話に思わず納得。80分間笑いっぱなしの参加型アクティビティでした。

11月14日(月) 研究授業@

 新採2年目の体育教員が研究授業を行いました。体育委員の先導で準備体操がてきぱきと進んでいます。体育では、生涯にわたってスポーツに親しむ意欲や態度を育むことが大きな目標です。授業後の研究会でも、そういう視点で先輩教員が多くの助言をしていました。

11月11日(金) 模擬面接

 LHRの時間を利用して、3年次の“女子クラス”は模擬面接を行いました。推薦入試を目前にひかえる生徒も多く、真剣そのもの。“女子クラス”らしく、オーディエンスの生徒からは、「ダメ出し」あり、「突っ込み」あり、アドバイスありの和気藹々とした雰囲気でした。

11月10日(木) 地学の実験

 1年次の「地学基礎」の実験の様子です。石灰岩の化学的風化や、花崗岩の物理的風化についてモデル実験を行っています。少人数グループでの実験なので、必ず一人一役。風化について体験的に学びながら、地球の成り立ちについて考察するとは、何とも壮大な話ですね。

11月9日(水) 国語の授業

 国語の授業の様子です。本文の内容を、自分の経験に置き換えてグループ内で発表しつつ、気づいたことをホワイトボードに書き出しています。LINEやTwitter に慣れ親しんでいる高校生にとって、リアルタイムでの「感想の交流」は得意分野なのだと実感しました。

11月8日(火) 生物の授業

 生物の授業の様子です。生物の調査で用いられる「標識再捕獲法」について、グループ活動を通じて体験的に学んでいます。フナの絵を描いたカードを池に見立てたカゴに入れ、“再捕獲”を繰り返しながらカードの枚数(全個体数)を割り出していくという実証実験です。

11月7日(月) 学校支援訪問

 県教育委員会から指導主事の先生5人が来校されました。本校の様子を見ていただき、授業の進め方などについて助言をいただく貴重な機会です。各教科の授業で、グループ学習がごく自然に定着している点を高く評価され、更なる発展に向けてヒントをいただきました。

11月4日(金) 留学生のスピーチ

 カナダからの留学生ジャロッド君が、放課後に集まった約30人の希望者を前に、英語と日本語でスピーチを行いました。家族のこと、カナダの学校の様子、日本へ来て感じていることなどを存分に語ってくれました。来日してまだ日が浅いのに、日本語の達者なこと!

11月2日(水) 大学見学会

 1年次が、南山大と岐阜大の2グループに分かれて大学見学に出かけました。施設見学のほか、模擬講義や「学食」体験、OB・OGを囲んでの本音トークなど、盛りだくさんな内容でした。この2大学は、本校にとって中枢的な「目標大学」です。意識の高まりを期待します。

11月1日(火) 「ひびきあいの日」

 人権について考える「ひびきあいの日」の行事として、日本福祉大学の渡辺哲雄先生をお招きし、「いつも主人公であるために」と題して講話をいただきました。人生において、主体的な意思決定ができることの大切さについて、ご自身の体験を語っていただきました。