教育方針・目標

1.教育方針

開拓者精神(創造・挑戦・協同)を校訓とし、高い知性、豊かな情操、健康な心身とたくましく生きる力を持った人間を育成する。

2.教育目標

  1. 知育・徳育・体育の調和のとれた生徒を育成する。
  2. 基礎的、基本的な知識と技能を身につけ,向上心があり、知性を備えた生徒を育成する。
  3. 個性豊かで、自己を律するとともに、自他をかけがいのない存在として認識し、協調性のある生徒を育成する。
  4. 心身ともに健康な体の基礎をつくり、生涯健康で健やかな生活が送れるようにする。

3.教育指導の重点

(1)学力の向上

【学習に対する意欲を喚起し、自ら学ぶ態度を育成する。】

  1. 生徒の基礎的・基本的な知識・技能の習得を図り、生徒が能動的な学習に取り組めるよう、授業研究・校内研修を組織的・計画的に推進する。
  2. 普通科・理数科・英語科の活性化を図る。
    1. 普通科:全学年で、特進クラスを編制するなど、個々の力に対応した授業を展開し進路実現を図る。
    2. 理数科:実験実習や研究所研修等により、科学への探求心と論理的思考力を育成するとともに、社会感覚やコミュニケーション能力を向上させる。
    3. 読む力、書く力、聞く力、話す力を統合的に高める英語授業を行い、実践的なコミュニケーション能力を高める。
  3. 予習-授業-復習の学習習慣の確立を徹底し、家庭学習の定着を図る。
  4. 英語検定を活用し、英語の学力向上を図る。
  5. 地域課題を発見・解決する学習を推進する。

(2)人間性の向上

【秩序ある教育環境をつくり、他者の考えを尊重しつつ、自ら考え、行動する自律の精神を養う。】

  1. あらゆる機会を通して、自他の生命・人格を尊重し、危険を未然に防ぐ能力を育てる。
  2. 文化祭・体育祭等の学校行事を生徒主体で運営し、自主性・自立性・協調性を養う。
  3. 全職員で「挨拶、身だしなみ・遅刻防止指導、清掃」に取り組み、生徒の規範意識を向上させる。
  4. 落ちついた雰囲気の中で学習ができるよう、学習環境を整備する。

(3)体力の向上

【心身の調和的発達を図る基礎作りを充実する。】

  1. 心身とも健康な体作りのための自己管理能力の育成を図る。
  2. 部活動のさらなる活性化を図る。