旧制学校時代

大正10(1921)年4月 「大野郡立斐太実業高校」設立(4/13)

乙部農業科に実業教員養成所を併設。実業教員養成所は大正12(1923)年3月廃止。

解説:戦前の実業学校には乙部(14歳以上、修業年限3年)と乙部(10歳以上、修業年限3年以内)                 

の2種があった。

大正12(1923)年4月 県に移管 「岐阜県斐太実業学校」となる

大正13(1924)年、「斐太農業補習学校」を併設。(昭和4年廃止)。
昭和 3(1928)年、甲部農業科を設置。
昭和16(1941)年、林業科を新設。

昭和21(1946)年4月 校名変更 「岐阜県斐太農林学校」となる

畜産科(新設)、農業科、林業科の3科を設置。

高山高校時代

昭和23(1948)年4月 学制改革 「岐阜県斐太農林高等学校」開校

畜産科、農業科、林業科の3科を設置。

昭和23(1948)年9月 統合指令 「岐阜県高山高等学校」開校

「岐阜県高山女子高等学校」(現在の岡本校舎の前身)と統合。
畜産科、農業科、林業科、普通科の4科に加え、定時制の農業科、被服科を設置。
さらに、定時制の農業科、被服科をもつ上枝(ほずえ)分校も新設。
9月28日「岐阜県立高山高等学校」と改称。

解説:戦後の混乱により、学校の校舎の絶対数が不足したため、再配置の指令が下り、農林高校は
    高山女子高校の校舎へ統合。あいた農林高校の校舎は第二中学(現在の高山市立中山中学
    校)が使用することになった。年度途中であったが、教員は8月18日付で大移動し、9月1日
    開校の運びとなった。

昭和24(1949)年4月 分校2校設置

定時制家庭科をもつ高山分校、定時制農業科・家庭科をもつ朝日分校を設置。
この2校の「家庭科」は、翌年「被服科」と改称された。

昭和26(1951)年4月 高山分校廃止

高山分校は本校に統合。本校に「定時制被服科別科」新設。

昭和28(1953)年4月 分校学科改編

上枝分校・朝日分校の「定時制農業科・被服科」を「定時制普通科」に改組。

斐太実業高校時代

昭和28(1953)年4月 分校学科改編

被服系学科を高山高等学校として分離。斐太高等学校にあった工業系学科と統合して「岐阜県立斐太実業高等学校」となる。
畜産科、農業科、林業科、建築科、木材工芸科と、定時制の農業科、電気科を設置。
高山高校時代の上枝分校は「高山分校」と改称。定時制普通科を置く。
さらに、朝日分校に定時制普通科を置く。

昭和33(1958)年4月 定時制課程一部募集停止

本校の定時制電気科の募集を停止。全日制電気科を新設。
高山分校の募集を停止。[昭和35年(1960)年3月31日廃校]

昭和38(1963)年4月 一部学科改編・新設

定時制農業科を廃止。[昭和41(1966)年3月31日、本校の定時制課程を閉鎖]
「農業土木科」を新設。
「木材工芸科」を「工芸科」として改組。

昭和43(1968)年4月 分校募集停止

昭和45(1970)年4月 学科新設

朝日分校の募集を停止。[昭和46(1971)年3月31日廃校。すべての分校が閉鎖された。]

「生活科」を新設。

斐太農林高校設立以後

昭和48(1973)年4月 分離 「岐阜県立斐太農林高等学校」開校

畜産科、農業科、林業科、農業土木科、生活科の5科を設置。

平成 元(1989)年4月 学科改編

平成 3(1991)年4月 学科改編

平成 8(1996)年4月 学科改編

「林業科」を「林業工学科」として改組。
畜産科、農業科、生活科の募集を停止。
「生物生産科」、「システム園芸科」を新設。
林業工学科、農業土木科の募集を停止。
「環境科学科」を新設。

平成17(2005)年4月 高山高校、斐太農林、斐太高校通信制の三校が統合し、
                飛騨高山高校となる。
                学科改編

システム園芸科の募集を停止し、「園芸科学科」を新設。