園芸科学科 進路

園芸科学科

進路の特色

園芸科学

年度によって違いはありますが、40〜60%の卒業生が、高山市、飛騨市、下呂市、白川村など地元に就職しています。残りの生徒の多くは進学者で、他地域への就職者は少ないといえます。

また生徒一人一人の希望や、状況に寄り添いながら、丁寧な進路指導を心掛けています。農業後継者の育成にも力を入れています。4年制大学卒業後や、農業大学校卒業後、あるいは本学科を卒業後すぐに、地域の関連機関の指導を受けながら農業自営を行っている生徒がたくさんいます。

進路の説明

園芸科学

本学科は農業に関する専門性を身に付けることを目標とした学科ですが、進路は生徒の希望により多様な可能性を実現しています。ただ、カリキュラムの関係上、高度な数学力や、語学力を必要とする進路の実現は困難です。以下に具体的な進路を、卒業生の年度別に示します。参考にしてください。

平成29年度

園芸科学

平成29年度卒業生の進路先をpdfファイルで示しています。(現在指導中)

平成28年度

園芸科学

平成28年度卒業生の進路先をpdfファイルで示しています。

平成27年度

園芸科学

平成27年度卒業生の進路先をpdfファイルで示しています。

平成26年度

園芸科学

平成26年度卒業生の進路先をpdfファイルで示しています。

平成25年度

園芸科学

平成25年度卒業生の進路先をpdfファイルで示しています。

ページ最上部へ