学校概要

校訓

「凌霜」

厳しい霜を凌いで美しく敢然と咲く菊の花。節操高く馥郁(ふくいく)と薫り、個性豊かに何物にも染まらぬ精神の象徴。

校章



「高」の文字を浮き彫りした校章は雪の結晶を図案化したものである。厳しい冬が訪れて白一色に包まれるとき、郡上の山水は、清澄の美を極める。雪の結晶は清浄美の枠である。高い理想と清らかな心情と-これは私たちの心の世界の象徴である。
 なお蛍雪の功を積んで努力してほしいという願いと同時に、当時ゆかりの「凌霜」精神をもって励んでほしいという願いもこめられている。

校歌

本校の校歌は、昭和24年度の生徒会が、校歌を作成してほしい旨を伝える「校歌選定案」を職員会へ送られたことが、制定させるきっかけであります。選定委員会をはじめ、関係者の 賢明な努力を経て、昭和26年1月15日の校歌発表会にて披露されました。

  • 楽譜・歌詞【pdf】

  • 校歌【MP3】





  • 「JASRAC許諾第E1809073374号」